サイト内検索:

FeliCaで勤怠管理可能なGoogle Apps向けタイムレコーダーアプリ、日本技芸が提供開始

日本技芸は2012年7月9日、米グーグルの企業向けクラウドサービス「Google Apps for Business」(以下、Google Apps)向けの勤怠管理用タイムレコーダーアプリ「rakumoタイムレコーダー」(写真)を提供開始した。価格は、1ユーザー当たり月額105円。

5199771F25CF65E5672C628082B8306EGoogle Apps for Business5411305130BF30A430E030EC30B330FC...

FeliCaで勤怠管理可能なGoogle Apps向けタイムレコーダーアプリ、日本技芸が提供開始

まるで本当の機器みたいなUIですね。

rakumoタイムレコーダーは、出勤および退勤時刻に加え、外出や帰社時刻などの時刻情報をまとめて管理可能なクラウド型のタイムレコーダーアプリ。Webブラウザーから同アプリにアクセスして時刻情報を打刻する方法以外に、FeliCa対応カードやデバイスを使った打刻にも対応している(パソコンに対応カードリーダーの装着が必要)。Felicaを使う場合、Google AppsのユーザーIDを持っていないアルバイト職員などの勤怠も管理できるメリットがある。

出退勤管理、ということなので、会社に「入った」「出た」というロケーション情報は必要かと思うのですが、そうなるとWebからアクセスできちゃうっていいのかな?どうなんだろう。

で、単に出退勤の時間を記録するだけじゃなくこんなこともできるようです。

単に出退勤時刻などを打刻する機能だけでなく、自分より前に打刻したユーザーの氏名やアイコンを4人分表示する「タイムライン」機能も搭載

なんでそんな機能を搭載しているかというと、

「いつも自分と近い時間帯に出勤しているのは誰か?といった情報を知ることで仲間同士の連帯感を高めることが可能。また、打刻時刻を仲間と競い合うといった"ゲーミフィケーション的要素"を備えたアプリとして使うこともでき、紙のタイムカードにはない新しい価値を提供できる」(日本技芸)と同社では説明している。

www

出勤時間競争がどんどん早い時間方向にいくといいですけど、遅くなる方向で競うようになったらたいへんだなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月 9日 16:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Androidの腕時計スマホがデモ中、2万円台で近日発売 / カメラ、GPS、無線LANにも対応」です。

次のブログ記事は「Macの容量を空けたい人に最適な「OmniDiskSweeper」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。