サイト内検索:

OS X Mountain LionのインストールUSBドライブを作成する方法

インストールする度にApp StoreからOS X Mountain Lionをダウンロードするのはなあ、って人は以下のページに記載されている方法でインストール用のUSBドライブまたはDVDディスクを作成することができるようです。

Building an OS X Mountain Lion installer thumb drive | TUAW - The Unofficial Apple Weblog

私もインストールディスクを作っておきたいな、と思っていたのでざっと日本語にしてみると、

初めてダウンロードする人は素直にダウンロードできるのですが、既にダウンロードしてしまった人が再度ダウンロードする場合はoptionキーを押しながら「購入済み」ボタンをクリックすると再ダウンロードができます。ちなみにこのoptionキー+クリックは他の購入済みアプリを再ダウンロードするときににも使えます。

1.インストーラをダウンロードしたダウンロードしたものを右クリックして「パッケージの内容を表示」を実行します(以下の画面は英語です)。

Building an OS X Mountain Lion installer thumb drive | TUAW - The Unofficial Apple Weblog

2.Contents > SharedSupportとフォルダを辿っていくとInstallESD.dmgというファイルが見つかります。とりあえず今の段階では見つけるだけです。

3.新規Finderウィンドウを開いて「アプリケーション」→「ユーティリティ」でディスクユーティリティ.appを起動します。

4.USBドライブをマウントします。DVDの場合は後述します。USBドライブの容量は最低8GBです。

5,マウントしたUSBドライブを選択肢パーティションメニューから「1パーティション」を選択肢、フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選び、その後「オプション」ボタンをクリックし「GUIDパーティションテーブル」を選択し「OK」ボタンをクリックします。

Skitch

6.その後、ディスクユーティリティ.appウィンドウ内の「適用」ボタンをクリックします。

7.パーティションの作成が完了したら、そのパーティションを選択後、「復元」タブをクリックします。

8.手順「2」で見つけたInstallESD.dmgをダブルクリックしてマウントし、その後デスクトップに表示されたそれを「ソース」にドラッグ&ドロップします。そして左側に表示されている先ほど作成した1パーティションのディスクを「復元先」にドラッグ&ドロップします。英語の画面だとこんな感じになります。

Skitch

9.作業が終了すれば完了です。

DVDの作成はドネーションウェアであるLion DiskMakerというソフトウェアを使うのがよいそうです。

Lion DiskMaker

こちらの詳しい使い方は説明されていませんでしたが、説明されていないってことは画面の指示に従って作業を進めていけばOKってことなんでしょうね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月26日 15:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Mountain Lionへのアップデートにはどれぐらいの時間がかかるの?」です。

次のブログ記事は「マイクロン、mSATA接続の6Gbps対応「Crucial m4 mSATA SSD」を国内正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。