サイト内検索:

次期OS X「Mountain Lion」、一部の64ビット対応「Mac」はサポートせず

開発者らは、Mountain Lionのこれまでの4回のプレビュー版のテストを通して、これは64ビットOSではあっても、初期の64ビット対応「Mac」の一部がサポート対象外になっていると指摘してきた。

次期OS X「Mountain Lion」、一部の64ビット対応「Mac」はサポートせず

AppleはMountain Lionを実行可能なシステムとして以下を挙げている。

ということでドキドキしながら見てみました。対応機はこんな感じ。

iMac(Mid 2007以降)
MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
MacBook Air(Late 2008以降)
Mac mini(Early 2009以降)
Mac Pro(Early 2008以降)
Xserve(Early 2009)

がーん!

うちのCore2DuoなiMacは2006年のやつだから非対応なのか!
その頃のCore2DuoなMacBookもだめですね。

あ、初代MacBook Airもだめなのか・・・。

ということで私が使っている/管理しているMacでMountain Lionが使えるのは2台だけ、ということになりました。

このリストに含まれていない旧型マシンに関連する問題には2つの要素があるが、どちらも、OS X 10.8が64ビット専用のOSであり、32ビットモードでは起動できないことに起因している。

2つの要素というのは64ビットモードで起動するためのハードウェア要件と32ビットカーネル拡張への依存なんだそうです。

まあ、仕方ないですね。Mountain Lionが64bit専用、ってところで諦めるしかないです。

要件のリストから除外された一部のMacでもOSをきちんとロードできるに違いないと思う人もいるかもしれないが、これらのMacでハードウェア(特にグラフィクス)のサポートにAppleが使っているカーネル拡張は32ビットにしか対応していない。

しくしく。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月12日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月12日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「ニューヨーク市、公衆電話ボックスで無料Wi-Fiを提供するプロジェクトを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。