サイト内検索:

これがあなたの10年後の"年収"だ!

消費税率10%や復興増税、社会保険料の引き上げなど、大負担増時代が迫る。サラリーマンや年金生活者の10年後の所得はいくらになるのか。年収や世帯別の可処分所得予測(別表)を目をそむけずに確かめておきたい。

これがあなたの10年後の"年収"だ!今から備えを

大和総研試算によると、なんだかんだでこんな感じになるようです。

3053308C304C3042306A305F306EFF11FF105E745F8C306E201C5E7453CE201D3060FF014ECA304B3089509930483092 - 653F6CBB30FB793E4F1A

衆院で成立した法案では、消費税率は2014年4月に8%、15年10月に10%になる。このほか、復興増税は13年1月から所得税額の2・1%分、14年6月から住民税均等割の標準税率も年4000円から5000円に上がる。
さらに「子ども手当」は「児童手当」に名称を変えて所得制限が設けられ、15歳までの年少扶養控除も廃止。厚生年金保険料は17年まで引き上げが継続。健康保険や介護保険の保険料率も上昇している。

そんな状態なんで10年後は年収が減るのかな、と思って上の表を見てみたんですが、意外なことに増えているじゃないですか。

大和総研はこれらの負担増と経済成長、賃金の増加の影響を分析したところ、年収、家族構成を問わず16年まで可処分所得は減るが、その後は年金世帯を除いて上昇するという結果になった。

なんだかよくわからなくなってきました。

あ、経済成長率を名目2.4%、実質1.8%を前提にしているからなのか?

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月 9日 19:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Macの容量を空けたい人に最適な「OmniDiskSweeper」」です。

次のブログ記事は「7月10日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。