サイト内検索:

待望のソニー定額聴き放題サービス開始も、懸念される"邦楽不足"

ソニーがクラウド型の音楽配信サービス「Music Unlimited」を7月3日より開始。月額1,480円を支払えば、1,000万曲を超える楽曲がPCやスマートフォンで視聴できるようになる。世界的に主流となりつつある定額聴き放題サービスの日本上陸は朗報であるが、現状の楽曲ラインナップは洋楽が中心で、邦楽曲は数万曲にとどまる。今後、邦楽曲がどの程度サービスに加わるかという懸念もある。

「鍵はエイベックスの参加?」待望のソニー定額聴き放題サービス開始も、懸念される"邦楽不足"

そもそも、ソニーが「Music Unlimited」の導入を急いだ背景には、同社などが出資する「レコチョク」に代表される音楽配信会社の低迷がある。スマートフォンの急速な普及に伴い、従来型携帯電話向けの配信サービスの売上高が2010年後半より急速に下降。楽曲提供元であるレコード会社の経営を揺さぶる事態となっている。

CDの売り上げが落ちた分はダウンロードに流れているんでしょ、と思ったんですが、ガラケーをターゲットとしていた「レコチョク」もガラケーユーザの減少に伴い売り上げが落ちてきた、ということでクラウドミュージックサービスである「Music Unlimited」なわけですが、やっぱり邦楽が少ないよね、と。

で、なんで邦楽が少ないか、というと、

しかし、クラウド型のサービスから得られる楽曲使用料は「よく聴かれた楽曲でも数十万円程度。大ヒットクラスでも数百万円止まり」と、ヒットとなれば数億単位の売上高が見込めた従来型の配信モデルとは収益のレベルが異なる。そのため、邦楽曲の原盤権を持つ音楽事業者(レコード会社や事務所など)が「Music Unlimited」に対し、どのような条件で楽曲提供に踏み切るかが今後の焦点となる。

なるほど。大ヒット曲でも数百万円止まりってそんなもんなのかな。1曲120円でもミリオンヒットだったら取り分で数千万円はいくかと思うのだけど。

英語の楽曲に比べると、対象マーケットの狭い邦楽曲ではダウンロード数も限られるため、事業者の収入は相対的に低くなる。今後、邦楽曲のラインナップを増やすためには、邦楽事業者向けに高いレートを設定するかどうかなどの課題が山積みです。

まあ、そもそも日本語の問題以前に世界で通用しないわけですから仕方ないですよね。最初の戦略から違うんだもん。

というかもうここ何年もこういう状態なんでどうでもいいや、ってのが本音なところです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月12日 11:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OUYAという新しいビデオゲームコンソール」です。

次のブログ記事は「ルイ・ヴィトン×草間彌生の期間限定ストアがいろいろオープン。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。