サイト内検索:

グーグル、モバイルへの移行で「成長の痛み」

米グーグルの4~6月期の決算は、売上高が122億1400万ドルとなり、四半期ベースで過去最高を更新した。今回は、5月下旬に買収を完了した米モトローラ・モビリティの業績を初めて反映した決算で、これに伴って売上高は1年前の90億2600万ドルから35%増と大きく増加した。

グーグル、モバイルへの移行で「成長の痛み」

と、いい感じの決算を発表したGoogleなのですが、

ただその一方でモトローラの営業損益が2億3300万ドルの赤字だったため、連結純利益は27億8500万ドルとなり、前年比11%増にとどまった。また買収に伴いグーグルの正社員数は2万人以上増え、5万4604人になった。
モトローラの携帯電話事業を取り込んだことで、グーグルという会社は売り上げ規模も従業員数も拡大した。しかしその反面、赤字事業も抱えることになり、同社の利益を縮小させる要因になっている。

まあ、でもこのモトローラの買収は仕方ないですよね。モトローラを買収していなかったら特許訴訟で赤字分以上を損していたかもしれないですし、Androidそのものがなくなってしまったかもしれませんし。

で、Googleは従来のPC向けサービスから、スマートフォンやタブレット端末などモバイル向けサービスにシフトしているわけですが、これはこれで問題がある、と指摘されています。

例えば、検索と連動した広告収入の伸びを表すペイドクリック数は1年前から42%増加したが、クリック単価は約16%低下している。米ニューヨーク・タイムズによると、一般的にモバイル広告の単価はパソコンのウェブ広告よりも40%ほど低くなる。

へえ、40%も低いのか・・・。

グーグルは、膨大な数のモバイル利用者を獲得できるようになり、広告クリック数こそ大きく伸びたものの、広告単価は低下した。今後、利用者が大量にモバイルに流れ込めば、グーグルの利益は縮小していくとニューヨーク・タイムズは指摘している。

とはいえ、トレンドはモバイルですからね。逆を言えば広告以外の収益方法をモバイルから得る方法をそろそろ考えないといけない時期になってきた、ってことですかね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月23日 17:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「熱中症サインを音と光で発信―リズム時計、携帯型温湿度計「ライフナビピコ」を7月27日発売」です。

次のブログ記事は「GoogleによるNexus 7の公式コマーシャルビデオ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。