サイト内検索:

ウェブ上に会員制映画館「theatre tokyo」-キュレーターに坂本龍一さんら

ウェブ上に開設された完全招待制の会員制映画館「theatre tokyo(シアター・トーキョー)」(事務局=渋谷区神宮前6)が6月30日、グランドオープンする。

ウェブ上に会員制映画館「theatre tokyo」-キュレーターに坂本龍一さんら

映画監督・柿本ケンサクさんが窪塚洋介さん主演の映画「UGLY」の製作過程で、「劇場上映したかったら脚本に赤を入れられる」産業構造に直面した際、「自由な表現のまま製作し上映できる場を大切にしたい」と思う製作者、観客のためのプラットフォームを目指してスタートした同館。

ということで監督が本当に作りたかったものが観れるWeb上の映画館、という「theatre tokyo」というのがオープンしたようです。

いいじゃないですか。

館内は「THEATREプレミア(先行上映試写室)」「THEATRE A」「THEATRE B」(いずれも定員80人)の3スクリーンで成り、リアルな映画館同様、日時・座席を指定してウェブ上で鑑賞する。座席の位置によってスクリーンの見え方が変わるほか、上映前にシネアドを流し、ロビーに広告スペースも設けた。

という感じでリアルの映画館と同じメタファーが導入されているようです。1スクリーンあたり80人ってどうなんだろうなあ。まあ、そうすることでサーバーの負荷も計算できるし、運用コストもある程度予想できますからね。始めた当初はそんな感じで、というのは正しいかもしれません。

で、具体的にどんな映画がかかるのか、というと、

オープン時は、東日本大震災で被災した東北の太平洋沿岸で一斉に花火を打ち上げるプロジェクトのドキュメンタリー「LIGHT UP NIPPON」(柿本監督、7月6日まで)、「国際平和の日(ピース・デイ)」を制定した、英俳優ジェレミー・ギリさんの活動を追ったドキュメンタリー「ザ・デイ・アフター・ピース」(ジェレミー・ギリ監督、同13日まで)を上映。その後、坂本さんキュレーションによる「新宿泥棒日記」(大島渚監督、同7日~13日)劇場公開前プレミア試写となる「DON'T STOP」(小橋賢児監督、同14日~16日)を順次公開していく。

で、これが

上映時間は7時~翌4時までに8回(初日は12時から5回を予定)。利用料は、月額=300円、年会費=3,000円。鑑賞料は上映後に来館者が金額を決める「投げ銭システム」を導入する。

という料金で観れます。安いじゃないか!

でもとても大事な点がありまして・・・それは完全招待制なので既に会員になっている人から招待を受けないと会員になれない、という点です。

うーむ、誰か招待してくれないものだろうか・・・。

そんなわけで映画はHTML5 Videoなのかとかそういうのはまったくわからないんですが、サイトはフルFlashで作られていたりするのできっとFlashプレイヤーなのかもしれません。ってことはiPadとかからじゃ観れないわけで・・・。Mountain Lionが出てくるとApple TV経由でテレビ画面への出力もできるようになるからそうなるとすごくいい感じですね。

theatre tokyo

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月 2日 15:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長尺 日清 カップヌードル REAL 小嶋陽菜篇 おじいちゃん」です。

次のブログ記事は「楽天、185gの電子書籍端末「kobo」を7980円で7月19日発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。