サイト内検索:

web socketsを使ってバイナリデータのリアルタイムストリーミングを実現する「BinaryJS」

Realtime binary streaming for the web using websockets

BinaryJS - Realtime binary streaming for the web using websockets

A year ago if someone asked you "how do I stream binary data / audio / video / files to Javascript?" the answer would have been "Flash" or "no" (or "Java applets")

「どうやったらJavaScriptにオーディやビデオやファイルといったバイナリデータをストリーミングできるかな」と誰かが聞いてきたことはないかい?

その時の君の答はきっと「Flash使わないとできないよ」とか「Javaアプレット使ってもできるかもしれないなあ」なんて感じゃなかったかな。

でもね、Chrome 15+、Firefox 11+、Internet Explorer 10そしてSafariのnightly buildを使えばそれはもうFlash使わなくても可能な事なんだよ。

BinaryJS is a lightweight framework that utilizes websockets to send, stream, and pipe binary data bidirectionally between browser javascript and Node.js.

ということでBinaryJSを使えばブラウザ側のJavaScriptとサーバー側のNode.js間でバイナリデータのストリーミングができるようになるみたいです。

機能的には、

BinaryPack serialization format is fast, binary, and JSON-type compatible. Data stays binary end to end

Automatically chunks large binary data buffers for streaming performance

Send multiple streams of data concurrently over multiplexed websocket connection

API implements Node.js read/write Streams. You can pipe any stream into BinaryJS streams (and vice-versa)

"pause," "resume," and "end" as in the Streams API

って、感じです。

そんなわけでHTML5のvideoタグでストリーミングをやってみたいと思っていた人は是非試してみてください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月27日 17:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Safari 6からRSS機能がなくなってお嘆きのあなたに贈る「Subscribe To Feed」Safariエクステンション」です。

次のブログ記事は「ランニングで走ったコースをGoogle Earth上で3D的に再現できるAndroidアプリ「runtastic PRO」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。