サイト内検索:

サムソン VS アップル裁判の結果を受けてのサムソンの内部レター

[Internal Memo] Regarding the Jury Verdict in California | SAMSUNG TOMORROW Global」より。

We initially proposed to negotiate with Apple instead of going to court, as they had been one of our most important customers. However, Apple pressed on with a lawsuit, and we have had little choice but to counter-sue, so that we can protect our company.

Certainly, we are very disappointed by the verdict at the US District Court for the Northern District of California (NDCA), and it is regrettable that the verdict has caused concern amongst our employees, as well as our loyal customers.

However, the judge's final ruling remains, along with a number of other procedures. We will continue to do our utmost until our arguments have been accepted.

The NDCA verdict starkly contrasts decisions made by courts in a number of other countries, such as the United Kingdom, the Netherlands, Germany, and Korea, which have previously ruled that we did not copy Apple's designs. These courts also recognized our arguments concerning our standards patents.

History has shown there has yet to be a company that has won the hearts and minds of consumers and achieved continuous growth, when its primary means to competition has been the outright abuse of patent law, not the pursuit of innovation.

We trust that the consumers and the market will side with those who prioritize innovation over litigation, and we will prove this beyond doubt.

終わり。

面倒なのでGoogle翻訳の結果を以下に。

*********************************

彼らは我々の最も重要な顧客の一つであったように我々は最初に、裁判所に行くのではなく、アップルとの交渉を提案した。 しかし、Appleは訴訟とで押されて、我々は我々の会社を守ることができるように、選択の余地はほとんどなく、カウンター訴えることがあった。

確かに、私達は非常にカリフォルニア(NDCA)州北部地区連邦地方裁判所での判決に失望しており、それは、評決は、社員だけでなく、我々の忠実な顧客の間で懸念を引き起こしていることは残念である。
しかし、裁判官の最終決定は、他の多くの手順に沿って、残っています。 私たちの引数が受け入れられているまで、我々は全力を尽くしてまいります。

NDCAの評決は全く以前に我々はAppleのデザインをコピーしなかったことを支配しているような、イギリス、オランダ、ドイツ、韓国など他の国では、数に裁判所の決定を対比しています。 これらの裁判所はまた、当社の標準特許に関する我々の引数を認識した。

歴史は競争への主な手段は、特許法のあからさまな虐待ではなく、イノベーションの追求であったときに、そこに消費者の心を獲得している企業となることをまだ持っており、継続的な成長を達成して示している。

私たちは、消費者や市場が訴訟にわたってイノベーションを優先順位を付けた人と並んすることを信頼しており、これ以上の疑いを証明します。

*********************************

一方のAppleのTim Cookのレターはこれより先に出されており、それはこんな感じ。

Today was an important day for Apple and for innovators everywhere.

Many of you have been closely following the trial against Samsung in San Jose for the past few weeks. We chose legal action very reluctantly and only after repeatedly asking Samsung to stop copying our work. For us this lawsuit has always been about something much more important than patents or money. It's about values. We value originality and innovation and pour our lives into making the best products on earth. And we do this to delight our customers, not for competitors to flagrantly copy.

We owe a debt of gratitude to the jury who invested their time in listening to our story. We were thrilled to finally have the opportunity to tell it. The mountain of evidence presented during the trial showed that Samsung's copying went far deeper than we knew.

The jury has now spoken. We applaud them for finding Samsung's behavior willful and for sending a loud and clear message that stealing isn't right.

I am very proud of the work that each of you do.

Today, values have won and I hope the whole world listens.

Tim

終わり。

これもGoogle翻訳にかけてみると、

*********************************

今日はAppleのため、どこでも革新のための重要な一日でした。

あなた方の多くは密接に過去数週間のためにサンノゼのサムスンに対する裁判を追っている。 我々は非常に不本意ながら法的措置を選択し、繰り返しサムスンは我々の仕事のコピーを停止するように求めた後だけです。 私たちのためにこの訴訟は、常にはるかに重要な特許やお金よりも何かについてされています。 それは価値観についてです。 私たちは、独創性と革新性を大切にし、地球上で最高の製品を作ることに、私たちの生活を注ぐ。 そして、我々は目に余るほどコピーする競合他社のために、お客様に喜ばないために、これを行う。

私達は私達の話を聞いて、自分の時間を投資して陪審員に感謝の債務を負っています。 我々は最終的にそれを伝える機会を持って興奮していた。 裁判中に提示された証拠の山は、サムスンのコピーは私たちが知っていたよりもはるかに深くなったことが示された。

陪審員は、今話されています。 我々は、サムスンの行動が故意見つけるためと窃盗は適切ではないことをはっきりとメッセージを送信するためにそれらを賞賛する。

私はあなたのそれぞれが行っている仕事の非常に誇りに思っています。

今日では、値が勝っていると私は、全世界が待ち受け願っています。

ティム
*********************************

以上、3分で書いた記事でした。Google翻訳に感謝。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月28日 15:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『VOGUE JAPAN』10月号にコム デ ギャルソン川久保玲のロングインタビュー。」です。

次のブログ記事は「ジャズピアニスト大西順子が引退発表「研究者でいたい」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。