サイト内検索:

入院2年、老親の2000万がなぜ底をついたか

いわゆる「認知症になってしまった両親の介護」に関するお話なのですが、これは参考になりましたので、メモ代わりに取り上げてみます。

入院2年、老親の2000万がなぜ底をついたか - Infoseek ニュース

まあ、とにかく入院費がかかる、と。しかも長くても3ヶ月しか入院できないので常に次の病院を探さなければならない、と。

で、一番面倒なのが本人確認が難しいような場合です。例えば通帳やキャッシュカードの再発行などは本人確認が必要になるのですが、本人が入院していて外に出れないとか認知症がひどくなると窓口の人とうまくコミュニケーションがとれなくなってしまい、そのあたりの処理が非常に面倒になってしまいます。

で、ポイントは、

「一番のポイントは、特養への申し込みの早さ。あるデイケアに、『こういうのは進行が速いから』と言われました。最初から特養に入れる準備をしないと、僕のような目にあいます。それでも、僕の場合は知己の医者がいろいろやってくれたから何とか破産せずにすんだ。それができない人は、自宅に両親を閉じ込めて、彼らの年金で食っていますよ」

特別養護老人ホームをどれだけ早く押さえられるか、なんですね。

そしてもうひとつ。

「まず、両親が元気なうちに、公証役場で任意後見契約を結んでおくんです」

任意後見制度というのは、判断能力の不十分な人に代わって財産などを動かせる成年後見制度の一つなんだそうです。

「後見人の権利を行使すると、弁護士費用などが月3万円以上かかるが、行使せずとも、判断能力がある時期に子供に財産管理を委託したという強力な証拠になります。この契約書を見せるだけで、様々なことができる。成年後見制度には、ほかに法定後見制度がありますが、裁判所はカタコトでも喋れれば『判断能力アリ』にするし、もし通っても弁護士や司法書士に月3万円程度の報酬が発生する。そんな支払いは無理でしょう」

まあ、このあたりはそれをいやがる親もいるでしょうね。ものわかりのいい親ならよいのですが・・・。

で、一番のポイントはよいケアマネジャーを見つけることだそうです。

「プロのケアマネなら、こうしたケアを全部やってくれるし、平塚さんのようなケースはまず起こらない。そういう〝知っている人.を知っておくことが非常に重要です」。

私の母も一人で仙台で暮らしていますからね。これから先どうなるのかとても不安ですよ。介護が必要な状況になったらどうしようかな。

ところで、リンク先のこの記事ですが、楽天のInfoseekニュースなんですが、5分に1回リフレッシュされるHTMLコードが書かれています。こうやってPV数を稼いでいるんですね。なんだかなあ・・・。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月14日 17:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お金を入れると懐かし効果音 スーパーマリオのブロック型貯金箱」です。

次のブログ記事は「これが「テレプレゼンス」というものか。DoubleRobotics社の「Double」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。