サイト内検索:

8月16日のラッキーさん

BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「LD(学習障害)について考える」さんです。

学習障害というのをWikipediaで調べてみると、

学習障害

「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。」

という定義のようです。で、

LDの子は全体的な能力で劣っているのではないので高校、大学への進学もケースにより可能であり、こうした子どもたちの人権を擁護する団体もある。欧米の大学ではLDの学生の単位取得等を手厚く支援する制度がある大学が多いが、日本の大学には現在のところ特に支援制度は無い。

なるほど。特定の能力だけが問題あり、なのですね。

で、今日のラッキーさんはお母さんなのですが、息子さんが学習障害になってしまったようです。

我が家には小学校4年生のときに「LD(学習障害)」と診断された息子ター坊がいます。2011年に20歳になり、現在は一人暮らしをしながら都内の専門学校に通っています。

ということでお子さんが小さかった頃はたいへんだったようです。

そんなわけでブログを開始された2004年ぐらいから読んでみたのですが・・・いやー、やはりたいへんですね。

でも、たいへんなんですが、ブログからは前向きな姿勢が感じられますし、またブログを書くことで励まされる部分もあった感じです。

で、面白かったのはワンピールのルフィーはLD児なのではないか、という話です。

そのルフィーさんをなぜ、よぽぽはLD児だと思うのか...?

 まず、すごい方向音痴である。北と南の違いすらもわからない。
 海賊王になることに異様に執着している。
 相手の心理を見抜けない!?
と、まあこんな具合です。

なるほどw

で、現在はお子さんも一人で生活できるようになったからか、別のテーマで「パステルな空間ブログ」 というブログで娘さんのことや日常のことなどを書かれています。こちらのブログもいい感じです。

そんなわけで今日のラッキーさんのブログを読んで学習障害というものが現実的にはどんなものなにか、についての理解を深めてみるのもよいのではないかと思いました。

そんな感じのラッキーさんでした!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月16日 11:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スマホやタブレット、そしてノートPCのカメラのレンズのところに挟んで利用できる広角/マクロ/フィッシュアイ用レンズ「Mobi-Lens」」です。

次のブログ記事は「Google検索に「翻訳して検索」機能 検索結果のサイトを日本語で閲覧可能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。