サイト内検索:

AOSテク、Macの「Time Machine」風の復元が可能なWindows用バックアップソフト

AOSテクノロジーズは2012年8月9日、Mac OS Xが搭載している「Time Machine」のように、ユーザーが希望する過去の任意日時(時間帯)の状態へファイルを復元できるようにする仕組みを備えたWindows向けバックアップソフト「ファイナルTimelineバックアップ 8 PC Pro版 ダウンロード版」(写真)の販売を開始した。価格は6000円で、同社直販サイトからダウンロード購入する。

AOSテク、Macの「Time Machine」風の復元が可能なWindows用バックアップソフト

同ソフトをインストール後、一度だけバックアップ対象やスケジュールを設定すれば、あとはスケジュールに沿って自動的にバックアップ処理が実行され、任意日時への状態復元が可能になる。スケジュールバックアップの合間に、ユーザーが任意のタイミングでバックアップ処理を強制実行させる機能も備えている。

まあ、いろいろがんばっているんですが、所詮はバックアップソフトの範疇を超えていませんよね。

Appleの「Time Machine」というサービスはぱっと見ると便利なバックアップサービスのように見えますが、実際はファイルシステムやカーネルサービスといったOSの深くて基本的なところをいろいろいじくらないと実現できないことをベースにできているので、そこはもう圧倒的に違います。

いやー、「Time Machine」って実は長い時間をかけてものすごくよく考えられて出来ているんで、これはWindowsじゃできないよねえ、って感じです。いや、Windowsでも「Time Machine」みたいなの欲しいんですけどね。うまくやってせいぜいバックアップの手間を軽減する、ぐらいだもんなあ。

そんなわけでその「Time Machine」はどんな仕組みになっているか、は以下の記事をご参考ください。

Time Machineは過去をどのように記憶しているのか?

Time Machineのバックアップの方法は、表面的にはユーザーにバックアップ先を選択させて、スイッチを入にするだけという究極のシンプルさ。しかし、その裏では、スパースバンドル、シンボリックリンク、/dev/fsevents ファイル監視機構、自由に拡張可能なファイル属性、といった様々な技術が絶妙に組み合わされて実現されていた。そして最後に、バックアップしたスナップショットがブラックホールに吸い込まれる神秘的なアニメーションで分かり易く表現されることで、芸術的なレベルのアプリケーションに仕上がっていたのだ!

いやー、ほんとに「Time Machine」はすごいよね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月13日 18:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「任天堂、クラブニンテンドー会員特典に注染で仕上げた手ぬぐいを追加」です。

次のブログ記事は「映画『新しい靴を買わなくちゃ』の予告編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。