サイト内検索:

世界初の積層型CMOSイメージセンサー、ソニーが開発 小型・高画質化した「Exmor RS」

ソニーは8月20日、画素と回路の積層型構造を世界で初めて採用した裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」を開発し、10月から順次出荷すると発表した。小型化が可能な上、暗い部屋や夜間でもきれいな画像を撮影できるという「RGBWコーディング機能」などを採用、スマートフォンやタブレットなどでカメラの高画質化が可能としている。

世界初の積層型CMOSイメージセンサー、ソニーが開発 小型・高画質化した「Exmor RS」

難しい言葉が並んでいますけど、要は「高感度」になって暗いところもしっかり撮影できるようになるよ、ってことですね。

またRGB3原色に「W」(白)画素を加えて感度を向上させた「RGBWコーディング」機能と、「HDR(ハイダイナミックレンジ)ムービー」機能を搭載。RGBWコーディング機能では、、独自のデバイス技術と信号処理により、画質を損ねることなく感度を上げているという。HDRムービー機能は、撮影時に同一画面内で2種類の露出条件を設定し、そこで得た画像を信号処理することでダイナミックレンジの広い画像を生成。逆光でも色鮮やかに撮影できるとしている。

また難しい言葉が並んでいますけど、要はスマフォの写真がもっと綺麗になるよ、ってことですね。

で、いつから綺麗な写真が撮れるようになるの?というと、

1313万画素モデルのセンサーは来年1月に、モジュールは同年3月に出荷を開始する計画。808万画素モデルは、HDRムービー機能に対応したセンサーが来年3月、モジュールが同年5月、HDRムービー非対応のセンサーが今年10月、モジュールが11月からの出荷を予定している。

今年中からじわじわと使えるようになるみたいですね。楽しみです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月20日 17:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冨田勲と松武秀樹が「タモリ倶楽部」で初期型シンセ実演」です。

次のブログ記事は「限定2000台:サントリーコーヒー「BOSS」×「ソフトバンクモバイル」=「ボス電」発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。