サイト内検索:

「Firefox 15」正式版リリース、アドオンによるメモリリーク問題を解決

Mozillaは28日、ウェブブラウザーの最新バージョンとなる「Firefox 15」の正式版をリリースした。デスクトップ向けはWindows版、Mac版、Linux版があり、Mozillaのサイトからダウンロードできる。

「Firefox 15」正式版リリース、アドオンによるメモリリーク問題を解決

Firefox 15では、メモリ管理を改善。アドオンを使用して長期間ブラウジングを継続した際に、メモリ使用量が増加し続ける問題を解決した。一部のアドオンでは、タブを閉じてもメモリが解放されない問題があったとしている。
このほか、IETFで標準化が進められている音声コーデック「Opus」をネイティブサポートした。MP3/AAC/Oggなどの既存コーデックよりも圧縮率が高いという。ウェブページの読み込み速度を高速化するネットワークプロトコルのSPDY v3にも対応。Windows版では、バックグラウンドで自動更新するサイレントアップデートに対応している。

今の私はSafariをメインブラウザに、サブにChromeという使い方をしているのですが、どうも最近のChromeはいまいちな感じがするのでこの機会にサブをFirefoxに戻してみようと思います。

開発者向けにも機能が強化されている。標準の開発ツールにJavaScriptデバッガを統合したほか、サイトのデスクトップ向けレイアウトとモバイル向けレイアウトを切り替えられるレスポンシブデザインツールを追加した。WebGL機能も改良しており、3Dアプリを開発する際に圧縮テクスチャーが使えるようになったとしている。

この開発者向けツールもいろいろ面白いですね。特に今回追加されたレスポンシブデザインツールってボタン一発でページのサイズを変更できるのがいい感じです。

と、書きながらいろいろ操作してみたんですが、非常にいいですね。以前のMozillaはフォントが汚かったり、マルチプラットフォーム対応アプリのデメリットな部分が目についていたのですが、このバージョンではそれもまったく気にならなくなっていますし、スワイプによる「戻る」「進む」もしっかり動きます。

ただ、これをまた自分好みにしようとするとプラグインを捜してインストールしなきゃいけないという手間がかかるわけで、このあたりは時間をかけてじっくりと取り組んでみようと思います。そしてあとは長時間利用でのメモリ消費具合がどうなるか、ですね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月29日 17:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペダルのない自転車」です。

次のブログ記事は「福岡市がウェブ上に「カワイイ区」新設、AKB篠田麻里子を区長に任命」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。