サイト内検索:

Grid - スプレッドシートの概念を一新するとんでもないアプリ

現実を直視しよう。数学が得意ではないなら、スプレッドシートの利用も得意ではないはずだ。しかし、グリッドと呼ばれる新しいiOSアプリはスプレッドシートの定義を大きく変え、スプレッドシートを、実質的に何にでも利用することが可能な魅力的で直観的なツールに一新する。

Grid - スプレッドシートの概念を一新するとんでもないアプリ | ブログヘラルド

という感じでベタ褒めなiOSアプリです。わくわくしますね。

リンク先では説明文を読む前にまずビデオを観ろ、と書いているのですが、多分最初に説明文を読んだ方がビデオの理解が早いと思います。

ではこのGridが素晴らしい点ですが、ブログヘラルド曰く、

ジェスチャーコントロール。メニューやリボン等を使って、データを入力する必要はない。スワイプしてオプションにアクセスすることが出来る。
iOSの統合。ユーザーはグーグルマップを使ってロケーションを設定し、アオドレス帳やフェイスブックから直接参加する人を加え、また、カメラロールからイメージや更には動画を挿入することが出来る。 また、ボイス機能を通じてテキストを入力することも出来る。加えて、リモート入力デバイスのような働きをするiPhone用の補助アプリまで用意されている。
コラボレーション。スプレッドシートを一人で作成する必要はない。友達を招待して、このプロセスに参加してもらおう。iOSデバイスを持っているなら、加わることが出来る。

簡単にいうとスプレッドシートというよりも、グリッド(マス目)をベースとしたドキュメント作成アプリ、って感じです。

表示したい要素(テキストや写真、数字、地図etc)に必要だと思われる面積分をグリッドをドラッグして指定し、指定が終わるとメニューが出てくるのでそこに何をはめ込むかを指定する、って感じでドキュメントを作成していくという流れです。

まあ、Excelを表計算ではなくワープロみたいに使う人ってたくさんいますからね。基本的にはそのノリで入力方法を工夫した、ってところでしょうか。

そんなわけで私的には「スプレッドシートの概念を一新」とまではいかなかったんですが、それでも結構楽しめました。

個人的には「スプレッドシートの概念を一新」といえばロータスが1991年に出した「Improv」という表計算アプリですね。とりあえず表計算アプリなのにアプリ起動直後は画面にグリッドが表示されていないんですからw

それはさておき、それではこの「Grid」のビデオをご覧下さい。友達とキャンプに行くイベントのための準備、というのがテーマになっております。

GRID by Binary Thumb from Josh Leong on Vimeo.


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月23日 17:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CG映画「レミーのおいしいレストラン」のレミーの友達の男の子のリアル版」です。

次のブログ記事は「ブラザー、A4横送りで奥行き290mmのインクジェット複合機 ~MyMio/JUSTIOインクジェットを「PRIVIO」に刷新」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。