サイト内検索:

振り込め詐欺を検出する機器を実用化へ、富士通などが一般家庭の電話で実験

富士通株式会社と国立大学法人名古屋大学は3日、振り込め詐欺の通話を検出する技術の実証実験を岡山県で実施すると発表した。岡山県警や株式会社中国銀行の協力のもと、県内の一般家庭100人以上のモニター宅の固定電話に検出機器を設置。検出技術の精度向上を図るほか、警察や銀行などとの連携方法の検討を行う。

振り込め詐欺を検出する機器を実用化へ、富士通などが一般家庭の電話で実験

基本的に振り込め詐欺を検出する機能、というのは確立されて欲しいし普及して欲しいな、と思うものの、なんで実証実験を岡山県でやるのかが不思議です。もしかして日本一振り込め詐欺が多い県が岡山県とか?

あと、この機器を設置して実際に振り込め詐欺電話ってかかってくるもんなんでしょうかね。やらせで時々実験加入世帯に振り込め詐欺電話をかけてくるんでしょうかね。いろいろ不明な点が多く興味深いです。

モニター宅に設置した機器で振り込め詐欺の通話を検出すると、モニター本人に合成音声で警告するほか、親族や警察、銀行などに警告メールが送信される仕組み。例えば、これを受信した親族がモニター本人に確認の連絡を入れたり、警察がモニター宅を訪問する、銀行が口座からの支払いを一時的に停止するなどの対応が考えられる。

よくわからない世界ではありますが、例えば電話に家族の声を登録しておいて声紋認識させて電話口の声とマッチするしない、なんてのを判定させることってできないんでしょうかね。

あと誤判定して警察に警告メールが毎回送られて「オオカミ少年」的な扱いになったりしないもんでしょうか。

ちなみに振り込め詐欺かどうかの判定は、

富士通と名古屋大学では、声の調子に着目した「過信状態推定技術」と、振り込め詐欺特有のキーワードの検出技術を用いた「振り込め詐欺誘引通話検出技術」を開発。模擬通話での検出精度が一定の水準に達したことから、一般家庭における実証実験を行うことにした。

ということで声の調子と会話の内容で判断するようです。

いやー、ほんとにこの技術、早く確立されないかなあ。この機能付きの電話機とかアダプタが出たら実家の母に送ってあげたい!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月 6日 17:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実際に動くリアルWALL-E」です。

次のブログ記事は「WordPressのインストールが終わった後にするべき7つのこと、というのはどうでもよくて・・・。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。