サイト内検索:

東芝、Windows RT端末開発を中止─Bloomberg報道

東芝は、ARM版Windows「Windows RT」搭載端末を開発してきたが、これを中止するとメディア向けメールで発表した。米Bloombergが8月14日(現地時間)に伝えた。

東芝、Windows RT端末開発を中止──Bloomberg報道

同社は6月に台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2012で、Windows RT搭載のタブレットおよびクラムシェルタイプの2モデルを披露したが、部品調達の遅れを理由に中止するという。当面はWindows 8に集中するとしている。

まあ、マイクロソフト自らがSurfaceという名前で出しますからね。RTは捨ててWindows 8に注力する、というのは正しい判断だと思います。というか日本のメーカーはみんなそうするんじゃないかな。または、RTはとりあえず台湾メーカーのOEMで様子を見るのもよいかと思います。

Windows RT搭載端末は、今のところ、米Microsoft、台湾ASUS、韓国Samsung Electronics、中国Lenovo、米Dellが発売すると発表している。最初のWindows RT端末は、10月26日のWindows 8リリースに合わせて発売される予定だ。

あと実際問題、Windows RTと8が出た時にユーザがどっちを選ぶのか、ってのもよくわかんないですしね。

それより企業がデスクトップOSとしてWindows 8を採用/バージョンアップするのか、ってのに興味ありますね。ざっといじくった感じだと「仕事するのにこんなのいらねー。7で充分!」って印象だったので。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年8月15日 18:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゲーム「ゼルダの伝説」に登場するアイテムの石鹸」です。

次のブログ記事は「PinterestのAndroidアプリがようやく登場 iOSアプリはiPadに対応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。