サイト内検索:

AppleとGoogleの地図決裂は音声ガイドをめぐる攻防がきっかけ

米AppleがモバイルOS「iOS 6」で米Googleの地図に代えてオリジナルマップアプリを採用したのは、経路案内機能の音声ガイドをめぐる両社の交渉が折り合わなかったのがきっかけ──。米AllThingsDが9月26日(現地時間)、複数の情報筋の話として伝えた。

AppleとGoogleの地図決裂は音声ガイドをめぐる攻防がきっかけ

Android版Google Mapsでは、2009年から音声ガイダンス付きのGPSナビ機能が搭載されているが、Googleの地図エンジンを採用したiOS版のマップアプリにはこの機能は含まれていない。

Android版Google Mapsアプリにある機能をiOS版にもつけて、って言ったら「やだ」と言われた、と。

Appleはこの機能をライセンスに含めるよう強くGoogleに求めたが、Googleはこの機能の開発に膨大な投資をしており、また、Androidの主要な機能と考えていることから競合するiOSに提供することを渋ったという。Googleは提供条件として、iOSのマップにGoogle Latitudeの追加などを提案したが、Appleはそれを拒否し、交渉が難航する中、Appleは独自アプリの準備を開始したという。

「でもGoogle Latitudeとか他の機能をiOS版に追加していいなら音声ガイド付きナビを実装してもいいよ・」とGoogleが言ったら今度はAppleが「やだ」と言った、と。

まあ、どうでもいいんだけど、実被害を被るのは実際に使っているユーザなんだから、Apple版のリリースを送らせるとかなんか考えてくれてもよかったのになあ、と思います。こんな大人の事情も何もわかんない女子高生がiOS 6のマップアプリについて「まじ使えね!」と憤慨していましたよ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年9月27日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バッファロー、セパレート&折りたたみ式のBluetoothキーボード発売」です。

次のブログ記事は「パナソニック、SSD搭載の自転車向けポータブルナビゲーション「サイクルゴリラ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。