サイト内検索:

GoogleからJava to iOS Objective-C translator「J2ObjC」がリリース

We are proud to announce the open source release of J2ObjC, a Google-authored translator that converts Java source code into Objective-C source for iPhone/iPad applications.

J2ObjC: A Java to iOS Objective-C translator

GoogleからJava to iOS Objective-C translatorである「J2ObjC」がリリースされたようです。

J2ObjC enables Java code to be part of an iOS application's build, as no editing of the generated files is necessary. The goal is to write an application's non-UI code (such as data access, or application logic) in Java, which can then be shared by Android apps, web apps (using GWT), and iOS.

ゴールとしてはUI以外の部分をJavaで書けばそれを変換してiOS,Web,Androidで使えるようにしたいようです。

J2ObjC is not a Java emulator, but instead converts Java classes to Objective-C classes that directly use the iOS Foundation Framework. It supports the full Java 6 language and most of its runtime features that are required by client-side application developers, including exceptions, inner and anonymous classes, generic types, threads and reflection. JUnit test translation and execution is also supported. J2ObjC can be used with most build tools, including Xcode and Make.

J2ObjCはJavaエミュレータではなく、直接iOSのFoundationフレームワークを使用して、Objective-CのクラスにJavaクラスを変換するそうです。

Googleからこういうのが出ましたよ、ってことで。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年9月14日 21:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 Twitter Bootstrapで使える部品集「Bootsnipp.com」」です。

次のブログ記事は「9月15日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。