サイト内検索:

「驚きや感動に欠ける」起死回生狙うNokia「Lumia」新モデルに失望の声

フィンランドのNokiaと米Microsoftは9月5日、両社のタッグによる最強のスマートフォンを発表した。だがこの新型「Lumia」は投資家に感銘を与えることはできず、かつて携帯電話市場をリードしていたNokiaの株価は13%急落した。

「驚きや感動に欠ける」 起死回生狙うNokia「Lumia」新モデルに失望の声

そうかあ、Lumiaだめだったかあ・・・。もうNokia終わりじゃん。

Lumiaの前評判は高かったんですけどねえ。

Lumiaの最新モデルは従来の機種よりも大きな画面と最新のカメラ技術を搭載する。MicrosoftとNokiaは激しさを増す一方の世界のモバイル市場の競争において、この最新機種が強力な武器となることに期待している。だが投資家は「驚きや感動に欠ける」として、この端末に厳しい評価を下している。

確かにカメラ技術は相当面白いのですが、そこが評価されなかった、というのが痛いです。つうか投資家は何を期待していたというのだろう。

「問題は、既に他社が4代目、5代目、6代目の端末に取り組んでいるのに対し、Nokiaはまだ第1章にいるということだ。周りに追い付くためには、まだかなりの努力が必要だろう。人々は、目を奪われるような何かを期待していた。大半の投資家はこの新端末を革新的ではなく、進化的な端末と捉えるだろう」とRBCのアナリスト、マーク・スー氏は指摘している。

あああ、投資家はなんて無茶な要求を・・・。

つうか、普通にWindows Phone 8搭載ってことだけでも評価されなかった、ってことはWindows Phone 8自体が相当やばいことになりそうですね。

ちなみに「いい」と言われていたカメラ技術ですが、例えば「Nokia City Lens」というアプリはAR技術を使って街の映像に様々な情報を与えます。立てるとビデオカメラ、寝かすと地図に切り替わるという操作感も相当いいと思うんですが・・・。

Nokia、どうなっちゃうのかなあ・・・。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年9月 6日 18:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「全域F2.8の24倍ズーム機"LUMIX"「DMC-FZ200」」です。

次のブログ記事は「天頂部から蒸気がシュワワー 「ヱヴァンゲリヲン NERV本部加湿器」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。