サイト内検索:

ハチロク&藤原とうふ店再び 群馬の博物館に再現

人気漫画「頭文字(イニシャル)D」の主人公の実家のモデルとなったと言われる群馬県渋川市の豆腐店が、主人公が乗る「スプリンタートレノAE86(愛称・ハチロク)」とともに、「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」(同県吉岡町)に再現された。

ハチロク&藤原とうふ店再び 群馬の博物館に再現

まあ、「頭文字(イニシャル)D」を知らない人にはどうでもいい話なのですが。ちなみにうちの息子が「かしらもじD貸して」と言って来た時に夫婦そろって大笑いしてバカにしたもの今となってはいい思い出です。

簡単に説明しておくと、

「頭文字D」は、漫画家しげの秀一さんの作品で、1995年から週刊ヤングマガジンで連載が続く。自動車好きの若者たちを描き、主人公の藤原拓海は、伊香保温泉近くの豆腐店の息子という設定だ。

で、これ、ちゃんとモデルとなったお店などがあったのですね。

原作の「藤原とうふ店」のモデルと言われたのが、渋川市の中心街の一角で、藤ノ木五十吉さんと妻の美津恵さんが営んでいた「藤野屋・豆腐店」。土地区画整理事業のため、いまは壊されてしまった。

で、それが今回めでたく博物館で再現されたそうです。

店の解体後、ロケで使われた「藤原とうふ店」の看板や外装、備品などは、桂子さんが沼田市の自宅に保存していた。

群馬の博物館かあ。多分行くことはないだろうなあ・・・。

ところで私は「頭文字D」の何巻まで持っているんだろうか。

頭文字D(45) (ヤンマガKCスペシャル) 頭文字D(45) (ヤンマガKCスペシャル)


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年9月19日 20:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「価格はそのまま 小型軽量化された新型PS3発売決定」です。

次のブログ記事は「9月20日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。