サイト内検索:

ヤフー、カカオトーク日本法人に50%出資 サービス共同展開へ

ヤフーは10月19日、スマートフォン向けメッセンジャーアプリ「KAKAO TALK」(カカオトーク)を国内で運営するカカオジャパンに資本参加したと発表した。カカオトークをはじめとしたサービスを共同展開する。

ヤフー、カカオトーク日本法人に50%出資 サービス共同展開へ

うーん、カカオトークねえ・・・。単純にLINE対抗でカカオトーク、っていう理由だったらあれだなあ。

カカオトークは、韓国語、日本語、英語など各国語に対応したメッセンジャーアプリで、世界のユーザー数は9月末時点で6500万人、日本のユーザー数は非公開。機能や使い方はLINEに似ているが、2010年から日本語サービスを開始するなどLINEよりも早いタイミングで国内展開していた。

個人的には「カカオトークといえば出会い系」という印象が強いので、そのあたりをヤフーがどれだけ浄化できるか、が鍵なのかな。つうかそこがアキレス腱にならなければよいのだけれど。

つうかYahoo!メッセンジャーはどうなったんだ!?

あとLINEとカカオトークが伸びるとSkypeがどうなっちゃうのか、ってのも興味ありますね。とはいえSkypeは今やマイクロソフト傘下なので日本のヤフーやNHNよりも強力なんですけど。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月19日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Googleが新型「Chromebook」を発表、Samsung製で249ドル」です。

次のブログ記事は「グランプリは「なまえのないえのぐ」――コクヨ、「コクヨデザインアワード2012」の受賞作品を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。