サイト内検索:

Amazon、KindleFire HDなど電子書籍端末を国内発売 ~Paperwhiteは8千円台。無料通信できる3Gモデルも

Amazon.co.jpは24日、電子書籍端末「Kindle」シリーズ4製品を発表した。E ink採用の「Kindle Paperwhite」が11月19日、カラー液晶搭載の「Kindle Fire」シリーズが12月19日より出荷開始となる。

Amazon、KindleFire HDなど電子書籍端末を国内発売 ~Paperwhiteは8千円台。無料通信できる3Gモデルも

Twitterとかfacebook見ていると「予約した」「ポチした」って人を結構見かけるのですが、私は慌てずに買った人の感想を聞きつつ、予備用バッテリーとかケース(カバー)はどうしたらいいかを理解してからKindle Paperwhiteを購入しようと思っております。

ちなみにKindleFire、KindleFire HDというのはAndroidデバイスです。つまり電子書籍以外に音楽聴いたりゲームしたりAndroidのいろいろなアプリが使えるようになります。KindleFireの8GBモデルが12,800円ということで安くAndroid端末が欲しい、という人にはいいデバイスなんじゃないでしょうか。

あと、米国にAmazonでは毎日無料でAndroidアプリのダウンロード提供を行っているのですが、これもきっと日本でも行われることでしょう。これがKindleFireの魅力のひとつでもあります。

で、今回何が一番嬉しいかというとデバイスの発表ではなくKindleストアのオープンではないでしょうか?Kindleストアがオープンしたことでそこから購入した電子書籍はKindle以外のiOSやAndroidのKindleアプリで読むことができるわけです(日本語は大丈夫なのか?)。

Kindle - Read Books, Magazines & More - Over 1 Million eBooks & Newspapers App

カテゴリ: ブック

価格: 無料

Kindle(Google play)

つまり新しいiPad miniでもKindleストアの恩恵にあずかることができるわけです。

ということでKindleストアの益々の発展に期待します。えっ、koboは終了ですか?

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月24日 17:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「怖いピカチュウ」です。

次のブログ記事は「アップル、7.9インチの「iPad mini」と第4世代の「iPad」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。