サイト内検索:

「アプリの通信を効率化しよう」、ドコモがAndroid開発者向けガイドライン

NTTドコモは2012年10月18日、Androidのアプリで通信を効率的に制御するための開発者向けガイドライン「Androidアプリ作成ガイドライン~効率的な通信制御に向けて~」を公開した

「アプリの通信を効率化しよう」、ドコモがAndroid開発者向けガイドライン

これ、いいですね。

dメニューの公式コンテンツプロバイダ(CP)向けに提供していた内容を一部拡充し、一般開発者も参照できるようにした。開発者が携帯電話の通信制御の仕組みを理解してアプリを開発すれば、電池消費量抑制やレスポンス向上などの効果を見込める

例えばどんな「Tips」が紹介されているかというと、

(1)アプリ単体の通信回数を減らす、(2)他のアプリと同時に通信することで端末当たりの通信回数を減らす、(3)通信のタイミングを端末間で分散させる――という3つのアプローチを紹介している

アプリを開発する人って利用している端末には他のアプリも搭載されている、ってのを忘れがちなので「他のアプリと同時に通信する」ってのは「ほほう」って感じですね。

例えば(1)は、サーバーへのポーリング間隔を短くして疑似プッシュを実現しているアプリが多いが、米グーグルのプッシュ通知機能「Google Cloud Messaging(GCM)」の利用を推奨している。さらにポーリングが必要な場合もデータの更新頻度に応じて間隔を考慮し、ポーリング失敗時のリトライ処理も工夫すべきとしている。

で、そのリトライ処理も、

短い間隔でリトライ処理を繰り返すとネットワーク側への負荷はもちろん、電池の消費量も増える。1回目のリトライは1分後、2回目はその2分後、3回目はさらに4分後というように、リトライ回数の増加に応じて間隔を延ばすExponential Backoff制御の導入を推奨する。

その他、無通信の状態が一定時間続くとネットワーク側の要求に基づいて端末の無線リソースを解放するPreservation機能や端末側からネットワークに対して無線リソースの解放(または電池消費が抑えられる無線確立状態)を要求できるFast Dormancyと呼ぶ機能などの使い方なども紹介されているようです。

これは一度読んでおかなければ!

AndroidTMアプリ作成ガイドライン~効率的な通信制御に向けて~

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月19日 17:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グランプリは「なまえのないえのぐ」――コクヨ、「コクヨデザインアワード2012」の受賞作品を発表」です。

次のブログ記事は「livetuneと中島愛のコラボミュージックビデオ「Transfer」が素晴らしすぎる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。