サイト内検索:

「Find My iPhone」を補完するiOSアプリ「Lookout」

今日はいろんな海外Mac系メディアでこの「Lookout」というアプリが紹介されいたのですが、いまいちそのセールスポイントが理解できなかったんですが、テッククランチのこの記事を読んでようやく理解できました。

紛失した携帯を追跡するSignal FlareがiOSにも登場

Lookoutは、クラウドから提供されWebから利用するこのアプリケーションにより、AndroidやiOS製品のユーザに、携帯電話の紛失防止機能や、なくした携帯を見つける機能を提供して、ユーザの不安を取り除く。

要はiCloudの「Find My iPhone」なのですが、「Find My iPhone」が提供するものに加えような機能を提供します。

Signal Flareは、ユーザの携帯の位置を絶えず記録しているので、電池が切れる直前の所在が分かる。紛失の前後に電池が切れた場合でも、Signal Flareは最後に記録した位置を手がかりとして提供する。

この「電池が切れる直前の所在が分かる」というやつ、英語の製品説明だと、

Signal Flare: An added protection against lost phones that automatically saves your device's location when your battery gets low, improving the chance of getting your phone back.

という部分がほんとわかんなかったんですが、つまりこういうことです。

携帯をなくした人の30%は、電池切れのために現在の所在を確認できない。クラウドからサービスし、電池切れ直前の位置が分かるSignal Flareが生まれた背景には、そんなユーザ事情がある。

なるほどなあ。携帯無くしたときにバッテリーがのこっていれば「Find My iPhone」で見つけられるけど、電池なければどこにあるかまったくわからないですもんね。

ということで「転ばぬ先の杖」ということでインストールしておくとよいのではないでしょうか。

この機能の他に「電話帳」のバックアップ機能とか「この電話を見つけた人は次の誰かに電話で発見したことを伝えてね」と画面に表示させる機能などがあります。

無料アプリです。

Lookout - Free App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

Android版の同じようなやつはこれかな?

Plan B

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月31日 16:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月31日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「KDDIウェブコミュニケーションズ、クラウド電話APIの米Twilioと提携」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。