サイト内検索:

ボジョレー史上最悪の不作 値上がり懸念広がる

 11月15日午前0時に解禁される仏ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が、品不足により例年より値上がりする懸念が出ている。原料となるブドウの収穫量が、天候不良による不作で想定の半分程度と「史上最悪」(仏ボージョレーワイン委員会)になったため。輸入業者は、注文に応じた量を確保できるか気をもんでいる状況だ。

ボジョレー史上最悪の不作 値上がり懸念広がる

今年のボジョレーは不作で量が確保できないので高価になる、そうです。うーんうーん。

仏ボージョレーワイン委員会によると、原料となる仏ボージョレ地方のブドウ、「ガメイ種」の収穫量は、最盛期の9月下旬でさえ、例年の半分以下という。最大の原因は天候不順で、夏場は低温で、雹(ひょう)が降ったほどだった。

夏、寒かったのか・・・

ただ、美味しいらしいです。

ただブドウの品質そのものは、「よく熟すことができて健全」(仏ボージョレーワイン委員会)で、新酒の仕上がりは例年並みのうまさになるとみられるだけに、「供給量が逼(ひっ)迫(ぱく)することが心配される」(同)という。

でもやっぱり絶対的な量が足りないので今年は去年より入ってこないみたいです。

昨年実績で輸入量が前年比10%増だったサントリーホールディングス(HD)だが、今年は減少する見通しだ。アサヒビールも「微減」とする計画で、メルシャンもほぼ横ばいにとどまる。

まあ、無理して飲む必要もないですしね。買えたら飲む、かな。

今年のボジョレーパーティーはどうなるんだろうか・・・。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月19日 18:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「livetuneと中島愛のコラボミュージックビデオ「Transfer」が素晴らしすぎる。」です。

次のブログ記事は「10月20日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。