サイト内検索:

電子ペーパーと液晶、眼が疲れるのはどっち? さあ、どっちだ!

電子ペーパーは液晶に比べて目が疲れない――こんな都市伝説めいた話について、眼に関するプロフェッショナルである検眼医が興味深い論文を発表した。

電子ペーパーと液晶、眼が疲れるのはどっち?

そりゃぱっと見ただけで電子ペーパーの方が見やすいので目が疲れないのは電子ペーパーなんだろうな、って思うわけですが、わざわざこんなのが記事になるぐらいだから実は液晶の方が疲れない、って結果なのかと思ったら、

2種類のディスプレイでの読書に大きな差は認められず、それぞれのディスプレイでの読書の影響は主観的尺度、客観的尺度の両方で非常に類似しているとある。眼精疲労に関する質問結果は、液晶ディスプレイの方が若干スコアが高いもののほとんど同じで、読書スピードについては実質的には同一だったという。

つまり「変わらない」そうです。へー。

いやいや、そんなことはないでしょう、と思う人がいるかもしれないので付け加えておくと、

唯一大きな差となったのは全般的疲労。液晶ディスプレイで読書した被験者は電子インクディスプレイの被験者よりも高い疲労度を報告したというが、これはiPadとPRS-600の重量を勘案する必要があるだろう。

デバイスの重さの違いはあるよね、だそうです。ああ、そういわれてみると総じて電子ペーパーデバイスは軽いからその違いが知らないうちに作用しているのかもしれませんね。

で、それより問題なのはディスプレー技術よりも解像度なのだそうです。

この結果はこれまでの常識を覆すような内容だ。過去の同種の研究とは大きく矛盾している。もちろん、過去の研究も根拠があるものには違いないが、この論文では、過去の研究の多くは最新のテクノロジーを考慮していないことを指摘している。その最たる要素がディスプレイの解像度だというのだ。この論文で用いられたのが新しいiPadのRetina Displayだったなら、さらに論を補強できただろうにとは思うが、ディスプレイの高解像度化はユーザー体験を確実に改善しているようだ。

あとは画面からの光の量というかディスプレイの輝度にも関係するのかもしれませんね。

なんにしてもディスプレイ技術においては目の疲れには差がない、という説が出てきたことで、これからのこれに関する議論がまた楽しくなりそうです。

Kindle Paperwhite Kindle Paperwhite

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月26日 15:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月26日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「画面キャプチャソフトで評判のよいSkitchのWindows版がリリースされたよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。