サイト内検索:

トイレ型ゴールキーパー「TOTO」が競技場で公開

住宅設備機器大手のTOTO(本社・北九州市)は28日、名前が似ているサッカー10+件くじのtotoとのコラボ企画で誕生したマシン「世界最強のトイレ型ゴールキーパー」を北九州市八幡西区の本城陸上競技場で公開した。

トイレ型ゴールキーパー:TOTOが競技場で公開

totoは日本スポーツ振興センターが運営。TOTOと同センターが取り組む環境キャンペーン「トートートトト」の話題作りとして製作した。

このニュースだけだと何がなんだかわからないのですが、トイレの便器で有名なTOTOが便器型のサッカーのゴールキーパーマシンを作ったそうです。なんで?と思うかもしれませんが「話題作り」が理由なので仕方ないですよね。

で、便器型のサッカーのゴールキーパーマシンというのはどういうものかというと、

ボールを蹴ると高速カメラと赤外線で軌道を判断し、便器から飛び出すボールでゴールを阻止する仕組みで、3000回以上の実験を重ね、球筋のデータを蓄積した。

便器からボールが飛び出すんですよ。で、そのボールでシュートされたボールにあててゴールからそらす、というものです。

ちなみに今回は野外でのお披露目とのことで、これは初めてのことだったようです。

だが、屋外での実験データはなし。天候や風などの影響を受けたためか、約30人の挑戦に対しボールを当てて阻止できた相手はわずか1人だった。「世界最強」にはほど遠い結果だが、開発担当者は「今後、さまざまなイベントで経験を積んで阻止率100%を目指したい」と、「未完の大器」の将来に期待を寄せた。

まあ、とにかくわけわかんないと思いますので以下のビデオを見て、その便器型ゴールキーパーというものがどういうものか確認してみてください。

ああ、SGTK ( Super Great Toilet Keeper )っていう名前なのか・・・。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月30日 17:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Appleが幹部人事を刷新、iOS開発責任者らが退任」です。

次のブログ記事は「Nexus Qがいつの間にかなかったことになっているようです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。