サイト内検索:

電話をクラウドサービスとして提供する「Twilio」、開発者登録は15万人を突破

 Twilioが手がけているのは、「電話(VoIP)をクラウドサービスとして提供する」事業だ。

電話をクラウドサービスとして提供する「Twilio」、開発者登録は15万人を突破

Twilioって電話をクラウドサービスで提供する会社だったんだ・・・。頭に「Twi」って入っているからてっきりTwitter関連のサービスを提供する会社かと思っていましたよ・・・。

で、このTwilioが面白そうです。

ユーザーがTwilioにアカウントを登録すると、すぐに実際の電話番号が購入でき、さらにその電話番号を使って音声やSMSを送受信するためのAPIも提供されるため、電話の機能を組み込んだウェブアプリやモバイルアプリが簡単に構築できる。
電話番号は1番号につき月1ドルで購入でき、通話料金は発信が1分2セント、受信が1分1セント。このほか、テキスト読み上げエンジンや録音用のストレージなど、電話を利用したアプリを作成するために必要な各種の機能が提供される。

電話(VoIP)アプリとか電話機能をもったアプリがすぐに作れるようです。

そしてXMLファイルにより多機能電話にさせることもできるようです。これは素晴らしいなあ。昔はテレフォニーアプリ作ろうと思ったらモデム制御とかあれこれやらなきゃいけないことたくさんあって時間かかったのに。とはいえ、メッセージ音声は多分英語だけなんでしょうけど。

で、どんなアプリが作れるの?という例としてこんなのが紹介されていました。

実際のサービスとTwilioの電話APIを組み合わせた実例としては、スマートフォンアプリからリムジン(タウンカー)の配車を依頼できるサービス「Uber」が、来場者の関心を集めていた。
Uberは、iPhoneやAndroidアプリから空車状態のリムジンを地図で確認でき、場所を指定するだけでリムジンを配車してもらえるサービス。配車を指定すると、担当する車と運転手の名前、顔写真が表示され、アプリから運転手に電話をかけることもできる。通常の携帯電話からも、SMSを利用した配車依頼が可能で、こうした電話機能の部分にTwilioが利用されている。

電話の部分はなくてもいいけど、あると嬉しい・便利って感じでの使われ方ですね。で、その電話部分の機能を実装しようとすると苦労の割には報われない、ってことでそんな場合にTwilioのようなクラウドサービスが有効、ってわけです。

日本ではどうなるのかなあ。NTTコムはやらないだろうけど、やらなきゃ他社がやるだけなんで、NTTコム自身が始めちゃった方がいいと思うけど。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月23日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月23日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Samsung、AppleへのiOS端末用液晶パネル供給終了へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。