サイト内検索:

「Ultrabookの本格普及はまだ先」、米調査会社が出荷台数予測を大幅下方修正

 IHS iSuppliが現地時間2012年10月1日に公表した市場予測によると、2012年におけるUltrabookの出荷台数は1030万台にとどまり、 同社の事前予測値、2200万台から半減する見込み。これに伴い同社は2013年の出荷台数予測を従来の6100万台から4400万台に引き下げた。

「Ultrabookの本格普及はまだ先」、米調査会社が出荷台数予測を大幅下方修正

PC買うならノートタイプ、しかも今ならWindows 8 + Ultrabookだろ、と思っていたのですが、そううまくは行かないというか私の予想がまるっきり当たっていないようなのが非常に残念です。

で、なんで普及が先になるかというと、

同社によると、これまでのところパソコン業界はUltrabookの認知度向上に成功しておらず、消費者需要を喚起できていない。価格帯も依然として1000ドル近辺で推移しており、まだ本格的な普及には至っていないという。

なるほどなあ。でもUltrabookの名前の認知よりもやはり値段がネックになるんでしょうね。実際に店頭でモノみたらUltrabookは薄くてスタイリッシュだけど言ってしまえばそれだけなわけで、隣に5万とか6万円台のノートPCがあったらそっち買っちゃいますもんね。

なんて思っていたら、

IHS iSuppliが考えるUltrabookの普及価格帯は600~700ドル。Windows 8を搭載し、価格がこの水準にまで下がり、さらにタッチスクリーンディスプレイなど消費者を引きつける機能を搭載するUltrabookが市場に出回れば、2013年には販売拡大のチャンスが広がる。しかし価格が1000ドル近辺で高止まりした場合は、2013年も不振が続くとしている。

ということで理由は当たっていたようです。

IHS iSuppliの主席アナリストCraig Stice氏は、「経済が沈滞するなか、Ultrabookのメーカーは現在の価格帯では顧客を見つけられない状態。iPhone 5やKindle Fire HD、まもなく登場するMicrosoftのSurfaceといったモバイル端末との激しい競争にもさらされている」と述べている。

タブレットがポストPCなどと呼ばれ、PCの終わりが囁かれている中、そんなことはさせないぞとがんばっているPC業界ですが、もしかすると自滅してしまうかもしれません。

メーカーとしては高付加価値・高価格商品を製造・販売したいんでしょうけどね。やはり景気というか地合いが悪いですからね。その時代時代にあったものを作っていかないと。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月 2日 17:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あの「ゴッホ」が不気味でリアルな1/6フィギュアに」です。

次のブログ記事は「クックパッド、スーパーの特売情報からレシピを検索するサービスを開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。