サイト内検索:

"Ultrabook"脱却が追い風に? 超薄型ノートPC市場は成長路線へ

伸び悩んでいた超薄型ノートPC市場だが、今後は低価格化が徐々に進み、成長が加速すると期待されている。一部の機器メーカーが、要件の厳しい"Ultrabook"ではなく、単に"超薄型ノートPC"として製品を展開しようとしていることも、追い風になりそうだ。

"Ultrabook"脱却が追い風に? 超薄型ノートPC市場は成長路線へ

これは面白い動きになってきましたね。

Intelが打ち出しているUltrabookの定義に従って作られたPCはどうしても値段が高くなってしまい、結果として売れないことになってしまうので、この際Ultrabookの定義は無視してユーザが本当に欲しがっている単なる「薄くて安い」PCにすりゃいいんじゃない、ってことですよね。

ちなみにUltrabookの定義はWikipediaによるとこうなっています。


  • プロセッサは第2世代以降の Core i シリーズプロセッサ(Sandy Bridge、Ivy Bridge、及びHaswell)のCULVタイプを搭載。
  • 厚みは14型以上の場合は21mm以下、14型未満の場合は18mm以下。
  • バッテリー駆動時間は5時間以上。8時間以上が奨励されている。
  • 入出力には Wi-Fi 機能のみが必須とされている。アイビー・ブリッジ世代以降は、これに加えてUSB 3.0への対応も必須とされる。
  • ラピッド・スタート・テクノロジー等の搭載による、ハイバネーション状態からの7秒以内の復帰の実現。
  • スマート・コネクト・テクノロジーの搭載(アイビー・ブリッジ世代以降搭載モデル)。

例えば非UltrabookはAMDのCPUを使いバッテリー駆動時間が5時間以下、USB2.0までのサポート、復帰時間は10秒ぐらいかかる、というようなものになるかもしれないわけですが、それでもそれが5万円とか6万円で買えるならそれで充分ですよね。

個人的にはCPUはなんでもいいし、バッテリーは4時間ぐらい持てば充分だけど、USB3.0は欲しいな、って感じでしょうか。

さて、どうなりますか。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月12日 15:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月12日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Google+のプロフィールに生年月日を入力すれば誕生日にはGoogleがDoodleで祝ってくれる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。