サイト内検索:

Windows 8 PC発売3日間の販売台数は、Windows 7出荷時のわずか3分の1留まりに

Windows 8が発売になった10月26日~28日までの3日間のWindows 8搭載PCの販売台数が、Windows 7が発売時の3日間に比べて、わずか3分の1に留まっていることがBCNの調べで分かった。

Windows 8 PC発売3日間の販売台数は、Windows 7出荷時のわずか3分の1留まりに

量販店店頭のWindows 8搭載PCの展示コーナーは、終日、賑わいをみせていたものの、実売にはつながっていないことを浮き彫りにしたといえる。大手量販店やPC専門店では、出足の低迷を懸念する声がある一方、中期的な成長に期待を寄せる声もある。

騒いでいたけどあまり売れなかった、ってことですね。

まあ、Windows 7の場合はその前のVistaがあれな出来だった反動があったのに対して今回のWindows 8は7ユーザが待ちに待ってた!ってものではないですしね。むしろModern UIいらね、って人も多いのかもしれません。

ちなみに私も会社のWindows 7マシンをWindows 8にする気になれず、そのうちWin8 PCが安く手に入るようになったらゲットしてみようかな、ってぐらいの感じです。まあ、会社のテストマシンにWin8入れてもう飽きちゃったというのもあるんですが。

BCNが、全国22社の家電量販店のPOSデータを集計したところによると、Windows 7が発売された2009年10月22日~24日までの3日間におけるWindows 7搭載PCの販売台数を100とした場合、Windows 8の発売3日間の搭載PCの販売台数は、34.6と約3分の1に留まった。ノートPCでは40.7、デスクトップが17.4と、いずれもWindows 7発売時を大きく下回っている。

で、売れなかった分、それはどこに食われたのかというとWindows 7 PCのようです。

10月26日からの3日間の販売台数をOS別にみると、Windows 8搭載PCの販売構成比は5.8%。これに対して、Windows 7は66.0%を占めている。2009年10月のWindows 7の際には、既存OSのWindows Vistaが41.0%を占めていたが、新OSとなるWindows 7搭載PCも33.2%に上っており、新OS搭載PCへの移行が、今回よりも進んでいた。

あれですよね、きっと今Win7 PCを買うと8に無料アップグレード的なクーポンがついているんですよね。だったらWin7 PC買いますよね。

で、またWin8発売に伴いWin7 PCが値下がりした、というのも効いているようです。

この3日間のWindows 7搭載PCの平均単価は65,800円となっており、Macの100,500円、Windows 8搭載PCの119,400円と比べても極端に安いことがわかる。

とはいえ、そのうちWin7 PCも在庫がなくなるわけですから、じわじわとWin8が浸透していくことになるんでしょうね。

ちなみにWin8搭載PCメーカー別シェアではNECが1位と2位、4位を、富士通が3位、東芝が5位となったようです。

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで) Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年10月30日 15:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google、10型タブレット「Nexus 10」とスマートフォン「Nexus 4」を発表」です。

次のブログ記事は「Appleが幹部人事を刷新、iOS開発責任者らが退任」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。