サイト内検索:

全国200地点のLTE平均速度、ソフトバンクがトップ

ICT総研は11月6日、全国200地点でスマートフォンLTEの通信速度を実測調査した結果を公表した。平均通信速度のトップは下り/上りともソフトバンクモバイル。下り10.79Mbps/上り5.40Mbpsと、KDDIをそれぞれ1Mbps前後上回った。

全国200地点のLTE平均速度、ソフトバンクがトップ ICT総研の実測調査

へえ、ソフトバンクがんばっていますね。

平均通信速度はソフトバンクモバイルが下り10.79Mbps/上り5.40Mbpsとトップで、続くKDDIは下り9.37Mbps/上り4.57Mbps、NTTドコモは下り7.95Mbps/上り1.66Mbpsだった。

もちろん地域というか場所によっても変わってくるのであくまで参考程度なわけですが。

ソフトバンクモバイルは首都圏でKDDIをわずかに上回り、名古屋、関西、仙台、福岡では2位以下を大きく離してトップだった。LTE受信地点は9割に当たる200地点中180地点。「どのエリアで見ても極端に通信速度の遅いエリアがなく、非常に安定していた」(ICT総研)という。

名古屋でKDDIよりも速い、ってのがすごいですね。すごいというか、名古屋でやられたらまずいだろKDDI。

ちなみに最良と思われていたドコモが全然だめだったようで、

NTTドコモは3キャリアで最もふるわない結果となり、特に上り速度は極端に遅い点が目立ったという。「Xi」の累計契約は500万を突破しており、「利用者数が多いためトラフィックに余裕がなく、下り75Mbps/上り25Mbpsという本来のスペックをユーザーが活用できる状況になっていないものとみられる」という。

ドコモじゃなきゃ!って時代は終わったようですね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年11月 6日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脂肪の吸収を抑える「ペプシ スペシャル(特定保健用食品)」新発売」です。

次のブログ記事は「11月7日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。