サイト内検索:

デジカメ5社、販売計画を下方修正 中国不買運動、スマホ競合を織り込む

デジタルカメラ大手5社は6日までに、2012年度の販売計画をそろって下方修正した。

デジカメ5社、販売計画を下方修正 中国不買運動、スマホ競合を織り込む

ソニーとパナソニックは5月時点の予想に比べ2割以上減らしたほか、キヤノンと富士フイルムは従来予想から1割前後少なく見積もった。反日感情の高まりに伴う中国での不買運動に加え、高性能なカメラを搭載したスマートフォン(高機能携帯電話)との競合激化による販売影響なども織り込んだためだ。

チャイナショックはわかるんだけど、スマートフォンのカメラを意識するというのがすごいなあ、と。だっていわゆるガラケーにもこれまで高性能なカメラがついていたわけだからそのあたりはもう既にわかっている世界だろうと思っていたから。

で、販売計画を1割から2割減らしたってことなんですが、これって実数にしてみると結構な数字です。

ソニーがデジカメの販売台数を下方修正するのは、今年度で2度目。年間販売台数は5月時点で2100万台と予想していたが、8月時点で300万台減らし、今回さらに200万台少ない1600万台(前年度比24%減)に見直した。
最大手のキヤノンは、今年(暦年)の販売予想を従来から240万台下方修正。
パナソニックは今年度のデジカメ販売台数見通しを5月の予想時点に比べ27%(300万台)減の800万台(前年度比17.3%減)と大幅に修正。富士フイルムも台数予想を10.5%に当たる130万台減の1100万台(同6%減)に見直した。

ソニーの減らし分が結局500万台もあるってのがすごいな、と。

家電メーカーもたいへんですが、次はカメラメーカーがやばくなるのかもしれませんねえ。まあ、中国不買運動はもしかしたら一時的な問題かもしれませんけど、スマホとの競争はこれからいったいどうするんだろうか。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年11月 7日 17:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オバマ氏、たった3ワードの勝利宣言ツイート」です。

次のブログ記事は「Apple、FaceTimeで使っている技術で特許侵害によりVirnetX社に3.682億ドルの支払いを命じられる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。