サイト内検索:

「楽天で検索し、Amazonで買う」 Amazon購入者の1割、楽天から流入

「楽天で検索し、Amazonで買う」――ネットユーザーにこんな傾向があるという調査結果を、市場調査会社のカンター・ジャパンがこのほど明らかにした。楽天はAmazonより集客力が高いが購買率が低く、楽天からAmazonに流入して購買している人が約1割いた、という結果だ。

「楽天で検索し、Amazonで買う」 Amazon購入者の1割、楽天から流入

期間中に楽天のサイトを訪問した人は89%、Amazonは68%と、集客力では楽天が勝ったが、訪問者がそのサイトで商品を購入した確率は、楽天が5%にとどまったのに対しAmazonは20%と、Amazonが楽天を大きく上回った。購入に至ったのべ回数を見ても、楽天は約600回、Amazonは4200回と4倍の開きがあった。

うちの奥さんがネットで何かを買う、という行動パターンを見ていると、とりあえずYahooあたりで検索を開始し、検索結果から売っているネットショップをいくつか周るわけですが、その場合は楽天が非常に多いです。でも「楽天」と意識してアクセスしているわけではなく最初に商品ありきで、それを売っているお店があうのが楽天でしかも検索結果に出てきている、ってことです。

で、しばらく楽天内のお店を回って値段とか送料がいくらぐらいかかるかを調べたら、やおらアマゾンに直接アクセスして商品名を入力してその商品があったら値段の比較に入ります。まあ、この段階で送料無料という点でだいたいアマゾンが勝ちます。で、アマゾンに目的の商品がない場合は楽天に戻ってそこで買う、というパターンでしょうか。

なので、今流行の「お店で現物チェックしてネットで買う」のさらに次のパターンである「楽天で値段チェックしてアマゾンで買う」というパターンと言えるかもしれません。

両サイトで購入が行われる直前に訪問しているサイトを調べたところ、楽天からAmazonに流入しているケースが9%だったのに対し、逆は2%にとどまった。同社は、「Amazonで購入する人は、事前に楽天で商品を調べる行動パターンが目立つ」と分析している。

そうです、まさにその通りです!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年11月29日 16:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「約100km/hで疾走するチーターをスーパースローで捉えたビデオ」です。

次のブログ記事は「フィギュアやコスプレ画像投稿SNS「WONDER!」、ヤフーが公開 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。