サイト内検索:

シャープ、IGZO採用の4K対応32V型液晶ディスプレイを発売

シャープは11月28日、4K2K(3840×2160ピクセル)解像度を持つ32V型のIGZO液晶ディスプレイ「PN-K321」を発表した。140ppiという精細さを生かし、映像製作やCADなどの特定用途向けに訴求する。2013年2月15日に発売予定で、価格はオープンプライス。市場想定価格は45万円前後となっている。

シャープ、IGZO採用の4K対応32V型液晶ディスプレイを発売

32型で45万円ってことは完全に業務用ですね。

で、さすがにIGZOはシャープが自信を持っている技術だけあってそれを製品化したこの液晶ディスプレイにはプラズマクラスター機能はついていないようです。残念だなあ、プラズマクラスター機能がついていれば画面見ながら美肌になれたのに。シャープってどんな製品にもプラズマクラスター機能のっけているのかと思ったのに。たとえ効果がなくても。

IGZOは、シャープが世界で初めて量産化に成功した酸化物半導体。In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)で構成され、従来のアモルファスシリコンに比べて電子の移動速度が早い。このため、同じ駆動電力であれば小型化や高精細化が可能。また可視光を透過する薄膜となるため、バックライトの光を抑制して消費電力を下げることができる。

IGZOに関しては私が先日書いた以下の記事もご参考くださいIGZOすげー、って思いますよ。

シャープのIGZOってなんて読むの?なんでそんな名前なの?

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年11月28日 16:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士通、スマホと連携する愛犬用歩数計「わんダント」」です。

次のブログ記事は「YouTubeでテレビ局やクリプトンなど13社がオリジナル動画を配信」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。