サイト内検索:

ポスターにスマホをかざしてARライブを。ソニーの「Headphone Music Festival」

街中に張られたポスターにスマートフォンをかざすと、ARのミュージシャンが出現してライブを始める――。ソニーマーケティングが同社のSmartAR技術を採用した新感覚の音楽フェス「Headphone Music Festival」を展開する。

街中でオリジナルライブを楽しめる:ポスターにスマホをかざしてARライブを――ソニーの「Headphone Music Festival」

渋谷の街中やソニーストア、BEAMSの店舗に貼られたポスターに、専用アプリをインストールしたAndroidスマートフォンのカメラをかざすと、「androp」 「The Beatmoss」 「BOOM BOOM SATELLITES」「N'夙川BOYS」らのミュージシャンが拡張現実空間に出現。ライブ会場にいるような感覚で3D映像によるARライブを楽しめるという。

面白い試みですよね。

でもカメラでARマーカーを写していないとだめなんでしょうね。手が疲れるだろうなあ。

街貼りポスターの掲出期間は12月20日から12月26日まで、ソニーショールームの展開期間は12月20日から2013年1月21日まで。
なお、同社は、現地に足を運べない人も楽しめるよう、12月13日からスペシャルサイトをオープン。PC画面上のポスターにスマートフォンをかざすと、ポスターとは異なるアングルでARライブを楽しめるコンテンツを提供する予定だ。さらに、BEAMSとのコラボレーションによるARマーカー付きTシャツも販売するという。

現実的には渋谷と銀座のソニービル、そしてBEAMS各店舗で体験できるようです。

んで、現地に行けない人用の特別サイトは本日からオープンで以下のURLから見れるそうなので試してみました。

http://www.sony.jp/soundpremium/hmf/

アプリをダウンロード&インストールしてARマーカーを読めばライブ映像が見れるんだよね、と思いつつアプリを起動してみると・・・なんと事前に各ミュージシャンの映像データをダウンロードしておかないといけないんだ!(ひとりあたりだいたい30MB)。

で、ダウンロード済みだとARマーカー読んだ時にすぐに再生されると。まあ、わからなくはないけど、このあたりはダウンロードじゃなくてストリーミングでなんとかがんばって欲しかったなあ。まあ、ファンの子なら事前ダウンロードとかその場でダウンロードは我慢できるんだろうけど。

で、サイトは13日からオープンなんだけどサイトに掲載されているARマーカー読んでライブが見れるのは12月20日から、ということで今日は見れませんでした。

ということでちょっと残念だった。というかソニーはこういうちょっと残念な部分が毎回必ずあって萎える。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年12月13日 17:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「その名は「ICC PURIOS」、シャープがICC搭載の4Kテレビを正式発表」です。

次のブログ記事は「HTMLの表(table)を画面サイズに合わせてうまいことやってくれる「stacktable.js」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。