サイト内検索:

ネットスーパー向け音声認識アプリ、「きゅうり」と「キウイ」正しく判別

技術を実際の現場に導入しようとすると思わぬ障害にぶちあたったりするもんですよね。

大日本印刷株式会社(DNP)と株式会社アドバンスト・メディアは14日、食品専用の音声認識システムを開発したと発表した。日本初だとしており、ネットスーパーなどの食品注文アプリとして提供していく。まずはネットスーパー事業者や食品宅配事業者などと共同で実証実験を行い、2013年度のサービス開始を目指す。

ネットスーパー向け音声認識アプリ、「きゅうり」と「キウイ」正しく判別

そんなわけでまずは音声認識技術を食品に特化させたみた、ってところでしょうか。

例えば「鶏肉」に関して「とり」「とりにく」「とりもも」「とりむねにく」などの単語が登録されており、注文音声に対して適切な食品を検索して表示するという。また、「きゅうり」と「キウイ」、「しじみ」と「チヂミ」など、発音が類似した誤認識しやすい食品名でも高い精度で判別できるとしている。

まあ、このあたりはしっかり認識しなくても候補を表示させユーザに選択させる、って方式でもよいかとは思うのですが、やはりそういうその場しのぎのやり方は受け入れられないのでしょう。

ネットスーパーサービスは利用者の注文1回あたりの商品の購入点数が多いが、多種多様な商品があるために画面移動やテキスト検索などを何度もしなければらなず、スマートフォン操作に不慣れなユーザーには使いにくかったという。音声認識を活用した食品注文プリ注文では、希望の商品名を発声することで簡単に検索でき、表示された商品の中からタッチして注文できるとしている。

ですねえ。特にネットスーパーの利用層を考えると足悪くて買い物に行けないおばあちゃんなんかもいるわけですから、そういう人達でも使えるシステムを目指す、というのは素晴らしいことだと思います。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年12月14日 15:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7型でAndroid 4.1を搭載した1万円を切るタブレット「ドスパラタブレットA07I-D15A」」です。

次のブログ記事は「「ひよこちゃん」がかわいい! 「チキンラーメン」のiPhone 5ケース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。