サイト内検索:

コアラ支援に早くも300万円超 東山動物園「反響にびっくり!」

コアラが食べるユーカリの栽培費用への支援を東山動物園(名古屋市)がクラウドファンディングサイト「READYFOR?」で募ったところ、1週間足らずで目標の3倍となる300万円超が集まっている。飼育担当者は「あまりの反響にびっくり!」と感謝している。

コアラ支援に早くも300万円超 東山動物園「反響にびっくり!」

クラウドファンディングで栽培費用を募ったら3倍も集まってびっくり、はいいんですが、もっとびっくりしたのが、そのユーカリの栽培費用です。

日本で初めてコアラの展示を開始した動物園の1つである同園は、コアラの唯一の食べ物であるユーカリを沖縄や鹿児島など全国5カ所に分散して栽培しており、年間約5600万円のコストがかかってるという。

5600万円!

この5600万円で何匹のコアラを食わせているのかわかりませんけど、とんでもない金額ですね。たかが300万円集まっても一ヶ月分にも満たないじゃないですか。

そんなわけで詳細を知るべく、プロジェクトのページを見てみます。

コアラを守りたい!~東山動植物園コアラ応援プロジェクト~
コアラ飼育の難しい理由の一つに、コアラの唯一のえさである「ユーカリ」の確保が難しい事が挙げられます。コアラは大変な"偏食家"で、ユーカリの種類は600種以上ありますが、 東山動物園ではコアラが特に好んで食べる20~30種をメインに栽培しています。
さらにユーカリは日本では自生していない植物なので、栽培するしかありません。東山動物園では、オーストラリアから種を購入し、動物園近くの平和公園のほか、沖縄の名護市、鹿児島県の内野浦町、静岡県の引佐町の4か所に分散して栽培しています。これは寒さに弱いユーカリを確保するためで、エサ代は年間約5600万円のコストがかかります。また、コアラが食べるユーカリは農薬がいっさい使えませんので、職員が手で害虫を駆除したりするなど栽培にとても手間がかかります。

いやー、ほんとにたいへんですね。

今回のような一過性の支援ではなく持続可能な支援方法はないものだろうか。例えばコアラのマーチの定価に10円上乗せしてその分をコアラのえさ代に回すとか。

ロッテ コアラのマーチ<チョコ> 50g×10箱 ロッテ コアラのマーチ<チョコ> 50g×10箱

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年1月23日 16:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロジクール、Mac/iOS端末で使える無線LAN内蔵Webカメラ」です。

次のブログ記事は「NTTドコモ春モデルにWindows Phoneはなし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。