サイト内検索:

4Kテレビ放送、来夏開始 総務省方針「8K」も2年前倒し

総務省は次世代の高画質テレビ規格「4K」の放送開始時期について、当初予定していた平成28年から2年程度前倒しし、26年夏の開始を目指す方針を固めた。26年7月にブラジルで行われるサッカーワールドカップ(W杯)決勝トーナメントに間に合わせ、次世代テレビの需要を喚起したい考え。

4Kテレビ放送、来夏開始 総務省方針「8K」も2年前倒し

来年の夏には4K放送が始まるのかあ・・・。

とはいえ、

4K放送では大量の映像データを電送する必要があるため、まず電波帯域に余裕の多い衛星放送のCSで始め、BS、地上波と順次拡大する見通し。

ということで、実際に地上波まで落ちてくるまでどれぐらいのタイムラグがあるんでしょうかね。

とはいえ、その次の8Kも試験放送が始まるようです。

4Kを上回る高精細な画像を持つ「スーパーハイビジョン(8K)」の試験放送についても、当初計画から2年程度前倒しし、26年に始めたい意向だ。家電メーカーなどを交えた検討会で、今春に具体的なロードマップ(工程表)を策定する。

4Kテレビも発売当初は値段が高いでしょうけど、2年も経てば半分以下になるだろうから、それ狙いかなあ。でもその頃になると8Kが見えてくるだろうからぐっと我慢して8K待ち、そしてさらにそこから2年待つ・・・・って考えるとしばらくテレビが買えない(><)

あれだな、4Kとか8Kとかじゃなくてとりあえず今使っているテレビが壊れるまで使う、だな。

にしても4Kとか8Kになったらレコーダーの容量とかバックアップ光学メディアの容量はどうなるんだろうか。適切な価格の製品で追従できるのだろうか。録画した番組を消すのもすげー時間がかかりそうだ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年1月29日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロジクール、接続先を3台まで登録できるバックライト内蔵Bluetoothキーボード」です。

次のブログ記事は「球体モップが自動でコロコロ動きまわるお掃除ロボ「モコロ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。