サイト内検索:

NVIDIAからCortex-A15ベースになったモバイルCPU「Tegra 4」

米NVIDIAは1月6日(現地時間)、次期のモバイル向けプロセッサ「Tegra 4」を発表した。

NVIDIA、Cortex-A15ベースになったモバイルCPU「Tegra 4」 ~GeForceも72プロセッサに

Tegra 4はすごいですね。

CPUコアがTegra 3のCortex-A9ベースからCortex-A15ベースとなり、従来のTegra 3からアプリケーション実行速度を高め、Webブラウジング速度は2.6倍になるという。また、統合されるGeForce GPUは72個のカスタムコアとなり、従来と比較して約6倍の性能を発揮。4Kの動画再生をサポートする。

まさかモバイルデバイスから4Kの動画再生がサポート開始されるようになるとは。

で、これだけ処理能力が上がっているにもかかわらず、消費電力が押さえられています。

電力効率も高められ、通常の使用において低消費電力を抑える第2世代の「バッテリセーブ型コア」を搭載。また、「PRISM 2D Display」技術を採用し、液晶バックライトの消費電力を削減できるという。一般的な利用において、Tegra 4の消費電力はTegra 3より45%低くなり、スマートフォンに搭載した場合、HDビデオを最大14時間再生できる。

いやー、すごいすごい。

で、さらにおまけ的なものとして、

新たに4G LTE対応ソフトモデム「Icera i500」をオプションとして用意。従来のモデムと比較して40%小型で、第4世代製品と比較して4倍の処理能力を持つという。

なんてなものも用意されているようです。

これ、いつから製品に搭載されて出てくるのかなあ。これ使えばAndroidデバイスも超サクサクで「使える」ものになるんだろうなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年1月 7日 18:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月7日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「テレビのリモコンなどに貼っておくとその場所がスマホでわかるようになるシール「StickNFind」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。