サイト内検索:

PCは、薄型TVの二の舞になってしまうのか? ~2014年4月の「3つの出来事」で特需生むPC業界の今と未来

Windows 8発売以降も低迷が続くPC業界に、これから1年以上に渡って、「特需」ともいえる動きが出てくることになりそうだ。

PCは、薄型TVの二の舞になってしまうのか? ~2014年4月の「3つの出来事」で特需生むPC業界の今と未来

その起爆剤は、2014年4月に起こる3つの出来事である。

売れるといいなあ、PC。

で、売れるかもしれない3つの要因が解説されています。まずこれ。

1つは、Windows XPの製品サポートライフサイクルが、2014年4月に終了することだ。

XPのサポートが終了してしまうので、脆弱性などが見つかってもFIXされなくなっちゃうわけです。こうなるとさすがに企業はXPから次のOSに変更せざるを得ないので買い換え需要が発生する、というものです。

実は、Windows XPを利用しているユーザーの比率は、世界的に見ても、日本が突出して多い。日本マイクロソフトによると、現在、日本国内で稼働している企業向けPCは約3,500万台。そのうち、約40%がWindows XPだという。これだけで、約1,400万台ものWindows XP搭載PCが存在していることになる。
また、個人向けPCは約4,300万台と見込まれるが、そのうち約30%がWindows XP。約1,300万台規模となる。企業、個人合計で約2,700万台ものWindows XP搭載PCが国内に存在するというわけだ。

ということで約4000万台がそれに相当するそうです。

で、マイクロソフトもそれに備えて社内に特別チームを作ったよ、って話なんですが、乗り換え先がWindows 8だとちょっと考えちゃいますよね。それに今のクラウドサービスの充実具合とかPC本体とOSのトータルコストを考えるとWindowsの次はまたWindows、って話にもならない可能性がありますよね。Linuxでもいいし、Macでもいいんじゃないかと。メールとブラウザと企画書書くぐらいだったらLinuxでいいですもんね。Office系のドキュメントはGoogle Docsとかでカバーできるだろうし、OpenOfficeとかLibreもあるし。あ、いきなりタブレットに、ってパターンもありそうですね。

で、2つめが、2014年4月8日にOffice 2003も製品サポート終了というやつだそうです。

まあ、2003のサポートが終了するから新しいPCが売れるわけではないんでしょうけど、何かのきっかけにはなるかもしれません。

そして3つめの理由が消費税率の8%への引き上げを前にした駆け込み需要なんだそうです。

これは薄型テレビの時と同じような状況、ということで特需後の市場のことが心配されています。

薄型TVの経験を横目で見た経験を持つPC業界は、特需だけにフォーカスするのではなく、特需後までを視野に入れた施策立案が重要になるだろう。

特需の予想そのものが外れたりしてw

案外タブレット(iPad)の導入、ってのがありそうですよねえ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年2月18日 17:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Outlook経由でiCloudとサイボウズOffice/Garoonの同期を実現する「AIVY Sync for サイボウズ Office/Garoon」の新版」です。

次のブログ記事は「2月19日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。