サイト内検索:

馬券脱税で懲役1年求刑、有罪ならノミ屋が横行も 正規購入は損?

馬券で稼いだ所得を申告しなかったとして、所得税法違反罪に問われている元会社員男性(39)の論告求刑公判が7日、大阪地裁で開かれ、懲役1年が求刑された。

馬券脱税で懲役1年求刑、有罪ならノミ屋が横行も 正規購入は損?

例のあの裁判ですよ。

男性はレースデータを基に独自の予想ソフトを開発。インターネット投票でオッズをにらんで賭け金の配分を変える『大量買い』で毎レース少しずつ儲ける馬券購入を繰り返し、2009年までの3年間に約28億7000万円分の馬券を購入、計約30億1000万円の配当を得た。儲けは約1億4000万円だが、国税局は当たり馬券の購入費約1億3000万円のみを経費として、28億8000万円が課税対象に当たると判断。脱税額を5億7000万円とし、男性は地方税などを含め約10億円の課税処分を受けた。

要は馬券を経費として認めるかどうかなわけですが、認められなかったんですね。

検察側は、

「仕事じゃないでしょ」「投資に当たらない」と反論、まったくの平行線をたどった。

まあ、会社組織でやっているわけじゃないし、博打ですから検察が言っていることもわからなくもないんですけど被告の言い分もわかるんだよなあ。

注目の判決は5月23日だそうです。さてどうなりますか。

それにしても稼いでいるなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年2月 8日 19:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これまでで最大の素数」です。

次のブログ記事は「東京マラソンでトマト3万個配布 カゴメ、バナナに対抗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。