サイト内検索:

個人データ抜く「アプリ」が罪に問われぬ理由

えっ、罪に問われないんだ!

スマートフォンの個人データを抜き取るアプリの公開が後を絶たない。誰がどう考えても違法と思われるのだが、昨年12月末、こうしたアプリを公開したとして逮捕されたIT関連会社の社長ら男女5人を、東京地検は嫌疑不十分で不起訴処分とした。

個人データ抜く「アプリ」が罪に問われぬ理由

なんで不起訴になったかというと、

スマホのアプリには、必ずパーミッション画面が現れる。インストール直前に「同意します」「同意しません」という表示が出るアレである。今回不起訴処分となった背景には、個人情報を収集することにユーザーが同意した点、かつそのアプリがユーザーに説明した通り動画を再生する機能を満たしていた点、この2点の理由があった模様だ。

なるほど、使用規約に同意した人からのみアドレス帳データを抜いたからなのか。でも抜くまではいいとしてもそれを販売したりしたところは罪に問われないのかな。うーむ。

今回の不起訴処分により、今年はこうした不正アプリの横行が予想される。法律が追いついていない以上、自分の身は自分で守るしかない。

これは困りますねえ。

従来の情報漏えいと比べて深刻なのはスマホが電話であり、その中のアドレス帳に友人や取引先など個人情報が入っている点である。漏えいすれば他人に迷惑をかけることになる。「通話無料」「電波改善」「バッテリー長持ち」などを謳う中に、危険なアプリが少なくない。いま一度、自分のスマホ内のアプリを見直すことをお勧めする。

そうなんですよ。いくら自分が気をつけてガードしていたとしても自分を登録している他人の端末から電話番号とか抜かれたらどうしようもないんですよね。

という事情もあり警視庁にはがんばって欲しかった案件でありましたが、本当に残念な結果です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年2月21日 15:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhoneとAndroid、両方使った人のオススメは?」です。

次のブログ記事は「孤立無業者「SNEP」が急増中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。