サイト内検索:

グーグル、「Google Glass」のアプリを披露-「Evernote」や「Path」など

Googleが再び、同社のウェアラブル技術を披露している。今回はSouth by Southwest Interactive(SXSW)において、Google Glassで複数のアプリを使うプレゼンテーションを実施した。

グーグル、「Google Glass」のアプリを披露--「Evernote」や「Path」など

Engadgetが米国時間3月11日にオースティンで取材したこのプレゼンテーションでは、「The New York Times」「Evernote」「Skitch」「Path」などのアプリが紹介された。

「Google Glass」のSDKがGoogleが許可したベンダーにしか提供されなかったらどうなるのかなあ。つまりFacebookとかTwitterアプリは出てこないの。まさかそんなことはないかと思うのですが、GoogleもSNS系は必死だからなあ。

で、具体手にどんなことができるかというとGmailアプリの場合だと、

電子メールが着信すると、「Google Glass」を装着したユーザーはボイスコマンドを使ってGoogleの電子メールサービスに指示し、送信者の写真や件名をGoogle Glassの画面に表示することができる。さらに、返信内容を口述してアプリに伝えることも可能だ。

英語しか伝わらないんだろうなあ・・・。

さらに他のアプリです。

The New York Timesのアプリは、写真や見出し、署名、投稿時刻などで構成される記事を配信する。Google Glassをタップすると、記事が読み上げられる。Engadgetによると、自動的に更新されるニュース速報機能も備えられているという。
Google Glassには、EvernoteやSkitchに写真を共有したり、Pathネットワークでの更新情報を表示する機能や、友達の投稿に顔文字を追加してコメントを作成する機能もある。

「OK Glass,take picture」「OK Glass, upload to Path」といったコマンドをしゃべるのかな。

そんなわけでSXSW 2013でのGoogle Glassのデモ動画です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年3月12日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「PowerShot N」の予約受付開始 「ステッチブラック」は初回分終了」です。

次のブログ記事は「羽海野チカイラストの文具セット、集英社みらい文庫で贈呈」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。