サイト内検索:

福島県浪江町の「警戒区域」がストリートビューで公開

グーグル株式会社は28日、福島県浪江町のストリートビューを公開したと発表した。地図サービス「Google マップ」や3D地図ソフト「Google Earth」、東日本大震災被災地の写真・動画を共有するためのサイト「未来へのキオク」で閲覧できる。

福島県浪江町の「警戒区域」がストリートビューで公開


浪江町は、町の半分が福島第一原子力発電所から20km圏内にあたる「警戒区域」、残り半分が「計画的避難区域」に指定されており、震災から2年経過した現在でも自由に立ち入ることができないという。

浪江町のストリートビューは、そのような状態にある町の現在の様子を、町から離れて避難している町民に見てもらえるよう、また、倒壊した建物も撤去できず、原子力災害により震災から時が止まったままとなっている町の現状を広く世界に発信するために、浪江町の依頼を受けてグーグルが撮影・公開したもの。3月4日から約2週間かけ、主に海岸から市街地にかけての警戒区域にあたる地域を撮影した。

これを受けてThe Atlanti誌のWebサイトでどのような写真が見れるのか、ということで印象的な写真がピックアップされています。

ストリートビューで見るよりもざっくりといろいろな風景を見ることができますので、まずはこちらを見てみてもっと詳しく見てみたい時にストリートビューで見てみるとよいかと思います。

こんな感じで海外のメディアで取り上げてもらって希望通り原子力災害で時が止まってしまった町の現状を世界に向けて発信できてよかったと思います。

それではどうぞ。

Google Maps a Japanese Nuclear Ghost Town

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年3月29日 19:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ティアックが米ギブソンと資本業務提携--ギブソングループ傘下へ」です。

次のブログ記事は「トンボのロボットが空を飛ぶビデオ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。