サイト内検索:

「Surface with Windows RT」3月15日国内発売、32GBモデルが4万9800円

日本マイクロソフト株式会社は1日、タブレット端末「Surface with Windows RT」の日本国内での発売を発表した。発売日は3月15日。価格は32GBモデルが4万9800円、64GBモデルが5万7800円。

「Surface with Windows RT」3月15日国内発売、32GBモデルが4万9800円

とりあえず32GBモデルでもユーザー容量は16GBしかないようなので、まあ普通に使うなら64GBモデルを購入するってことになりますでしょうか。64GBモデルだと残り容量は23GBのようで、あれ?なんか計算合わないな。日本語版だからさらに容量が減るってこともあるのかな。

RTモデルはストレージ容量32GBの場合、ユーザーが実際に使用できる空き容量は16GBにすぎない。Windows RTの使用容量がiOSやAndroid等と比較して著しく多いためである。購入者の一部はマイクロソフトの周知が不足しているとして訴訟を起こした
Wikipedia
米国カリフォルニア州の弁護士が、Microsoft が公表している Surface RT タブレットの仕様が虚偽広告にあたるとして訴訟を起こした。同弁護士は Surface の32GB モデルを購入したが、内部ストレージのおよそ半分が OS とプリインストールソフトウェアによって占められており、消費者が利用可能なストレージ容量は16GB しかないと主張している。
Surface 所有者、32GBモデルでも空き容量が16GBしかないとして Microsoft を訴える

さて、そんなSurfaceですが、とりあえず欲しいか、と言われれば自分では買いたくないけどくれるなら欲しい、という感じでしょうか。

多分そんなに悪い出来ではないと思うんです。タブレットでWindows 8を使うよりはかなり使いやすいと思うんです。

でも、これじゃなきゃだめ、というものがない状態でiPadはたくさんあるしAndroidタブレットも持っている状況だと買っても使う場面がないんですよねえ。

そのうち安くなるのかなあ。競合がいないからしばらくは定価販売なのかなあ。

つうかマイクロソフトも私みたいな人でも買ってみようかと思わせるプライシングにすればいいのにな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年3月 1日 17:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月1日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「標的型メール、入社希望者や告発者を自然に装う手口"やりとり型"登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。