サイト内検索:

NTTデータ、スマホやタブ向け「自動モード切り替え技術」開発~Android用デモアプリも公開

株式会社NTTデータ(以下NTTデータ)は4月15日、スマートフォンやタブレット向けに開発した「自動モード切り替え技術」を実装したAndroid向けアプリ「Autonomous Mode Switcher」の無料配布をGooglePlayで開始した。

NTTデータ、スマホやタブ向け「自動モード切り替え技術」開発~Android用デモアプリも公開

GPSによる位置検知や時間帯によってAndroidの設定を変えたり(例:Wi-Fiを切ったり)特定のアプリを起動する、というアプリはこれまでもありましたけど、NTTデータのこれはもっとビジネス側に寄った作りとなっているようです。

「自動モード切り替え技術」により、スマートデバイスの物理的なロケーション(GPS情報や検知したSSIDから推定)、特定ネットワークとの接続有無、スマートデバイスを利用する時間帯、認証された利用者情報など、スマートデバイスの状態に合わせてカメラやWi-Fi接続などのデバイス機能やアプリケーションの起動を制御できる。

ああ、なるほど。例えば会社内にいる時はカメラアプリやTwitter、Facebookを起動させないようにする、なんてことができるわけですね。

さらに、

また、スマートデバイスのホーム画面を自動で切り替えることができるため、BYOD実施時においては現在の状態がプライベートモード(私的利用時)であるのか、ビジネスモード(業務利用時)であるのかを利用者は簡単に把握することができる。モードごとに利用可能なアプリケーションのみを表示することもできるため、ビジネスモードでは業務アプリケーションのみを表示するなどで、よりセキュアな」運用が可能となる。

ホーム画面などもがらっと切り替えることができるんですね。

それと企業ユースで求められる認証関係も、

認証方式は、デバイス内で認証を行うローカル認証に加え、ワンタイムパスワード認証、多くの企業で採用しているActive Directoryを利用した認証(AD認証)にも対応。既存システムとの連携も容易だという。これらの認証方式を組み合わせた多要素認証にも対応しているため、セキュリティを重視する企業でも安心して利用可能だとしている。

なるほどなあ。

で、アプリは無料だけどサーバーとかコンサルとかで売り上げあげるんでしょうね。年間売り上げ50億円が目標だそうです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年4月15日 19:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビールジョッキの底が抜ける、という話」です。

次のブログ記事は「マイクロソフトの月例更新プログラムに不具合、アンインストールを推奨」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。