サイト内検索:

横浜のイメージをフォント化した「イマジン・ヨコハマフォント」

「イマジン・ヨコハマフォント」は、横浜市をイメージして作られた日本語フォント。Windows 98/NT 4.0/Me/2000/XP/Vista/7などに対応するフリーのOpenTypeフォントで、横浜市文化観光局のWebサイトからダウンロードできる。

横浜のイメージをフォント化した「イマジン・ヨコハマフォント」

横浜のイメージってこんな感じなんですね。正直な所、事前情報がなければ劣悪な中華フォントにも見えなくはないんですが・・・。

%5B%E7%94%BB%E5%83%8F%5D%E3%80%90%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%91%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%92%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%82%B3%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%8D%20-%20%E7%AA%93%E3%81%AE%E6%9D%9C

ひらがな・カタカナ・アルファベット・数字などと、横浜市の市・区名に使われている漢字や"神奈川""伝統文化感"の文字が収録されている。

昔使ったものが街中にそのまま残っていてそれを再現した、ってことになるのかな。だから中華フォントみたいに見えるのか。

かなは水性ペンで書いたペン字風、アルファベットや漢字などは丸ゴシック風のフォルムとなっており、特にかなはどこかレトロ感を感じさせる特徴的なデザインとなっている。少し歪んでいながら美しさを保ったかなのデザインは、伝統とおしゃれさを兼ね備えた横浜のイメージにぴったりだ。

漢字はいい感じだと思います。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年4月19日 18:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歩数や移動距離などのアクティビティ情報を記録するiOSアプリ「Moves」」です。

次のブログ記事は「早起きすれば地下鉄運賃無料、シンガポールの通勤ラッシュ緩和策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。