サイト内検索:

富士通研、リアル世界を指で触って情報を操る新UIを開発

富士通研究所は4月3日、指で直感的な操作が可能な次世代ユーザーインタフェースを開発したと発表した。

まるでSF映画──富士通研、リアル世界を指で触って情報を操る新UIを開発

指の動きを高精度にとらえることで、テーブルに置いた書類を指でなぞり、画像データとして切り出したり、テーブルに投影された画像を指で移動させるなど、指で情報を操ることが可能。テーブル上の指の動きをとらえる汎用カメラと、テーブルに映像を投影する汎用プロジェクターを組み合わせたもので、2014年度中の実用化を目指す。

超画期的、世界が変わる、ってレベルまではいっていないのですが、結構面白いです。

リアルの物体に対する手指の操作を汎用カメラで高精度・高速に検出する技術を開発した。テーブルの凸凹形状をカメラで自動計測し、カメラ座標系、プロジェクター座標系、実世界座標系を自動調整。指の動きや物へのタッチと、プロジェクターの表示を正確に合わせる。
手指の色と輪郭の特徴を抽出し、形状を認識する技術を開発。周囲の環境光に応じたカメラ画像の色や明るさを制御し、手指の色の個人差を補正する技術により、環境や個人差の影響が少ない安定した手指の抽出を実現した。

なんつうか、地味に小さな機能をいくつもいくつも積み重ねることで実現されたんだろうな、と想像します。

で、こういうUIの話はテキストだけ読んでいてもわからないのでちゃんとビデオが用意されているのですが、これがブログなどに埋め込みできる形式のものではないので、富士通研の当該ニュースリリースのページにアクセスしてビデオを観てみてください。

なんかMITメディアラボの研究成果の1つを見ているみたいだ。

ニュースリリース

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2013年4月 4日 16:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「きょう4月4日は昭和44年4月4日生まれの人が44歳に」です。

次のブログ記事は「見失った鍵、"鳴らして"発見 iPhoneから鍵を見つけられる「キーファインダー」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。